SEO対策

ペラサイトを作ってアフィリエイトで稼げる?

ペラサイトを作ってアフィリエイトで稼げる?

ペラサイトと言うとイメージが良くないでしょう。

確かに一般的に、ペラサイトと言われるようなサイトは粗悪なサイトを指す場合が多くなります。

ですが、アフィリエイトを行う手法のひとつとしてペラサイトを利用したサイトアフィリエイトで成果を上げている方もいます。

ペラサイトを利用したアフィリエイトとは、どのようなものか考えていきましょう。

アフィリエイトで使うペラサイトって?

ペラサイトと言ってしまうと、手抜きサイトのような印象を持ってしまうかもしれませんが、アフィリエイトを行うために作成するペラサイトは手抜きサイトとは違います。

ペラサイトと呼ぶ理由は、「1ページで構成されているサイト」であるということから呼ばれています。

1ページで構成されていているサイトをここではペラサイトと言いますので、スクロールしていく形でページを見ていく形になるサイトということです。

ですから、1ページであっても多くの情報を詰め込んでいるサイトなどもペラサイトということになります。

粗悪で内容が薄いペラサイトとは違います!

LP(ランディングページ)に近い

一般的に、アフィリエイトを行うために作成するペラサイトは内容が薄いが故のペラサイトというわけではなく、LP(ランディングページ)に近いということができるでしょう。

ランディングページは文字通り、そのページにユーザーを着地させページ内で目的を完結させるために作成します。

1ページしかないペラサイトも同様に、ユーザーをページに着地させ他のページに遷移することなくページ内で目的を完結させるように作ります。

ページのコンテンツ・内容の勝負

1ページで勝負することになりますから、コンテンツの内容が純粋に求められます。

言ってしまえば、コンテンツの蓄積や内部リンクなどの部分で差がつけられないという部分もあります。

ですから、ペラサイトでのアフィリエイトの場合は、純粋にコンテンツの内容や見やすさなどのコンテンツ勝負になるということができるでしょう。

ペラサイトでアフィリエイトで稼ぐには

ペラサイトでアフィリエイトを行うことで重要なのは、「ニッチな分野を狙う」ことが重要になってきます。

ペラサイトに限らず、ニッチな分野を見つけ出すことはアフィリエイトを行う上で大事なことではありますが、特にペラサイトの場合はニッチ分野から攻めていくほうがいいでしょう。

競合が少ない、いない、狙われていないジャンルの中で上位を獲得し少ないアクセスでも成果を確実に狙っていく戦略が向いています。

月1万稼ぐサイトを複数作る

一般的なアフィリエイトサイトは最低でも30記事以上から数百ページのボリュームを持つようなサイトが多くあります。

このようにしっかりとしたサイトでアフィリエイトを行うことはとても重要ですが、製作や更新作業などに労力や時間は当然かかります。

また、このように時間と力を惜しまないで作成したサイトでも上位表示されなかったり、何らかの原因で稼げなくなってしまう可能性はあります。

このような手間やリスクを考えて、月1万円稼ぐペラサイトを複数運用して成果を得ていくという考え方もあります。

ペラサイトでリスク回避

何百ページのボリュームを持つサイトを複数持つことは大変難しいですが、1ページしかなサイトであれば、複数作成して運用していくことも無理ではありません。

また、10万円に利益を生むサイトを作成するより、5000円~1万円の成果を生むサイトを作り出す方が比較的に簡単です。

複数のペラサイトを持つことで、ひとつのサイトがダメになっても他のサイトがありリスク分散にもなりますし、新たに作成するとしても手間がかかりません。

ペラサイトにアクセスを集める!

ペラサイトでは、ニッチを狙うべきと言いましたがニッチ市場を見つけ出すことは簡単ではありませんし、ニッチではあるが需要はないということも考えられます。

ニッチの場合は、大きなアクセスを集めることは難しいですが、アクセス数を無視していいわけではありません。

サイトにとってアクセスはあって損がないのでアクセス数を増やす工夫は大切です。

ニッチだろうが、アクセスが多いからって困ることはない!

ペラサイトだからこそ色々と試す

ペラサイトの利点は、フットワークの軽さとも言えます。

複数の選定した市場やキーワードに対して、ダメもとでとりあえずやってみるという戦法で市場開拓をしていけるからです。

数を打ってみて当たり出したものだけに絞り、まったく当たらないものは切り捨てて新たにまた開拓していくという進め方がいいかもしれません。

スピーディーな制作が出来る

サイトリリースしてからの記事更新などの作業が発生しないため、サイトを企画して製作を終えて公開してしまえば完了といえば完了です。

順位動向などを見て、改善していく作業などは必要になる可能性もありますが基本的に公開して必要があれば手直しをしていくというだけになりますので、作業としては通常のサイト運用よりは大幅に簡略されます。

ペラサイトのメリット・デメリット

ペラサイトであるが故の、利点もあれば弱点も存在します。

ペラサイトのメリット・デメリットをしっかりと把握した上で、正しく利用することが成功への近道です。

ペラサイトであるからこそ、しっかりと作成するなど誤魔化しがききません。

考えられるメリット

ペラサイトでアフィリエイトを行う上で考えられるメリットは、

収益発生が比較的早い
ペラサイトでのアフィリエイトは、通常のサイトアフィリより成果が早く生まれやすい傾向があります。
手間が通常のアフィリエイトサイトよりかからない
公開してからの作業があまりないため、通常のサイトより放置しておけます。
サイト改修やサイト閉鎖が容易にできる
1ページしかないため、サイトの改善や閉鎖を気軽に行えます。
リスク分散になる
ペラサイトを複数運用することで、ひとつのサイトに頼らないためリスク回避に繋がります。

これらは、通常のサイトにはないメリットということができます。

考えられるデメリット

ペラサイトのデメリットで考えられるのは、

サイトのボリュームがない
ペラサイトですから、数百ページもある強いサイトがライバルにいた場合、勝つのは難しいです。
更新する余地があまりない
最初にしっかりとコンテンツを作り込むことが求められるペラサイトは、サイト運用を通して更新する余地があまりないという特徴があります。
内容が悪ければ即無意味になる
通常のサイトであれば、人気記事などが数記事あれば働いてくれますが、ペラサイトの場合は内容がユーザーに評価されなければ元も子もありません。
粗悪な場合の誤魔化しがきかない
ペラサイトで内容が悪いまたは、下手なSEO対策などを行うとペナルティをもらう可能性は高いでしょう。

ペラサイトは、ユーザーもアフィリエイトサイトであるとわかりやすいので、ユーザーに評価されるサイトを作らなければないりません。

ペラサイトで稼ぐために考えておきたいこと

ペラサイトで稼ぐためには、通常のサイトとは多少違うアプローチで考えていかなければなりません。

ニッチで売れる商材や適切なキーワード選定が求められます。

商品選びやキーワード選定は通常のサイトアフィリでも重要です!

売れる商品を選ぶ

売れない商品を選んでも、当たり前ですが売れにくいです。

サイトの出来に関係なく、需要や人気があまりない商品は売れにくいということです。

売れる商品を選ぶポイントとして、

ASPの売れ筋を確認する
ASPの中で売れているものを確認してみましょう。
リンク先・広告主のページを確認する
自身のサイトから、リンク先へ飛ばして購入に至るかがポイントですからリンク先のページの質や出来も確認しましょう。
ユーザーの需要の度合い
ユーザーに訴求する際に、大して悩みや需要がない商品は検索上位のページだけ見て終わりますが、深く知りたい悩んでいるユーザーは検索上位以外のページも見る可能性が高くなります。

ターゲットを絞ったキーワード選定

ペラサイトの場合、キーワード選定も真っ向から行わないで、ターゲットを絞ったキーワード選定を行いましょう。

ライバルの少ないキーワードを選ぶ
ニッチを狙う上で重要ですが、需要があるかどうかも大事です。
アクションに繋がるキーワードを選ぶ
関連キーワードもただ使うのではなく、悩みの解決や購買に繋がるようなキーワードを選びましょう。

ペラサイトでも通常のキーワードで上位を獲得することが不可能ではありませんが、なるべく競合との戦いが生まれないように工夫してみましょう。

競合サイトを調べる

ペラサイトに限らず、サイトを運用する、新たなキーワードで記事などを製作する際は、キーワードに対してどのような検索結果になっているかを確認することは重要です。

検索結果が、

有名サイト・質が高いサイトばかりがランクイン
このような場合は、非常に厳しい戦いになります。

ブログなどの記事がランクイン
記事がランクインしている場合、大きなサイトの1記事の可能性もありますがないようで上回れば勝てる見込みはあります。

色々な内容のサイトが入り乱れている
検索結果に類似性がない場合は、キーワードに対して多くの需要がある可能性があります。

大まかに分類してみましたが、狙ったキーワードで競合がいない、または勝てる見込みがある検索結果になっているキーワードを探し出しましょう。

ペラサイトは奥が深い

簡単に作れるペラサイトであれば、作ってから運用を通して取捨選択もできますし、反応が良いものは発展させる工夫などにも利用できます。

ペラサイトを活用して調査や試してみるのもアリでしょう。

また、サイトはボリュームや規模が大きいものが評価されやすい傾向がある部分もありますが、ペラサイトでも上位にいるサイトは多くあります。

規模ではなく、ユーザーの役に立つサイトであればペラサイトでも十分に戦えるので、まずはペラサイトでアフィリエイトに挑戦してみるのもいいでしょう!