仕事

なぜハローワークは使えない・無駄が多いと求職活動で感じるのか?

なぜハローワークは使えない・無駄が多いと求職活動で感じるのか?

ハローワークを利用したことがあるでしょうか?

1度だけ求職活動で利用したことがありますが、

すぐに「ハローワーク使えない」と感じて、

帰ってしまったことがあります。

若かったということもありますし、

現在は改善されている部分もあるかもしれませんが、

実際に1度利用した際に、

ハローワークが使えないし無駄だと感じた理由を紹介します。

そもそもハローワークに行こうと思わない

ハローワークが使えない、と実際に感じる前から、

というよりも利用したことがないときから、

何となくハローワークに行く気がしない

という感覚を持っていました。

  • 漠然と使えないし無駄だというイメージ
  • なんとなくハローワークに負のイメージ
  • 求職活動する気があまりなかった

ということもありましたが、

そもそもハローワークに行く気がしない感じは強かったです。

むしろ親はハローワーク、ハローワークと、

おそらく本人も利用したことがないくせに言ってきましたね。

ハローワークに行けば自動的に仕事が決まる

なんて考えでいて就職氷河期や不景気、

ブラック企業の問題を理解していない人は未だにいそうですよね。

あわせて読みたい
就活したくなかったし就職する気もなかったので就活しないで終わった大学生時代を振り返る
就活したくなかったし就職する気もなかったので就活しないを選択した大学生時代の理由就活を一度もしないで大学生活を終えました。当時、就活をしなかった理由は単純に就活がしたくなかったからです。面倒そうだし大変そうな就活をしてしたくもない仕事や会社に就職するのが嫌でした。就活をしなかったことを振り返って就活しなかった理由や就活しなかったことのメリットとデメリットを紹介しています。...

ハローワークが使えない理由:利便性が低い

ネットで沢山の求人情報が追える中で、

わざわざハローワークという利便性が低いものを利用することが、

シンプルに無駄や使えないと感じる理由でしたね。

  • わざわざハローワークに出かける
  • 使用するためになんか手続きをする
  • 変な独自ルールに従う
  • 人と関わらないといけない

などから利便性の低さや悪さは確実に感じたことですね。

ハローワークが使えない理由:雰囲気や空気が悪い

まずハローワークについて感じたのは、

雰囲気や空気がすこぶる悪いなって思いました。

空気が淀んでて、なんか部屋も暗く見えるような、

負のオーラが充満している感じがしましたね。

あとは、利用する方法の説明やサポートがなくて、

来たもののどうしていいかよくわからないし、

雰囲気も悪いから利用する気が失せたってのはありました。

ハローワークが使えない理由:待ち時間や制限がある

ハローワークにある旧時代の端末は、

数に限りがるので順番待ちが発生します。

待ち時間という無駄ができてしまうわけですね。

あと、求人情報の印刷だったかも、

1日の中で制限があるようなルールがあったので、

わざわざハローワークに行っても、

単純に非効率で無駄ばっかだなと思いましたね。

ハローワークが使えない理由:求人が探しにくい

旧時代的な端末と言いましたが、

精度が悪く、求人が探しにくい代物です。

また、求人自体も見にくいし、

操作もストレスが多くて古臭いので、

端末は確実に使えないと言い切れますね。

普通に自宅のパソコンやスマホのが便利だと思いますので、

インディード見てる方がよっぽど楽です。

ハローワークが使えない理由:求人の質が悪い

ハローワークの求人だけということではないですが、

ハローワークの求人は質が悪いものが多いです。

空求人だったり、募集してなかったり、

条件もゴミみたいな粗悪な求人が多いので、

ハローワークを利用して良い求人に出会う確率は低いでしょう。

多くの人は少しでも良い求人に出会いたいものなので、

ハローワークを利用することがプラスになるとは言い難いですね。

ハローワークが使えない理由:応募までが面倒

いざ求人を見つけてもプリントして、

職員と話して、職員が納得して電話して、

みたいな自分の意志ひとつで応募すらできないので、

かなり応募までが面倒で手間がかかります。

場合によっては職員が応募させてくれなかったり、

応募前に無駄な話し合いとかが起きたりして、

ハッキリ言えばクソ怠いシステムです。

ハローワークが使えない理由:職員を経由する手間

そもそもハローワークは職員経由が発生するので、

それだけで手間があり面倒なわけです。

何をするにも職員にして貰わないといけない

という部分が少なからずあるので、

バンバン自分で判断して自分で行動は出来ないわけです。

巷のサービスや求人に対しては自分から行動できるものばかりですので、

ハローワークに自主的に行ったとしても、

ハローワークについてからは自分で行動が不能になります。

ハローワークが使えない理由:メリットがほぼない

ハローワークについて総合的に考えると、

  • 求人を探しに行く
  • 求人に応募する

という部分に関して、

ハローワークを使うメリットがほぼないです。

むしろデメリットの方がでかいですし、

転職サイトやサービスがハローワークよりマシである

という部分の方が強く感じますし、

自分の判断で効率的に行える分で楽になります。

ハローワークが使えなくて無駄なのは、

サービスとして進歩していっていないということと、

ハローワークよりメリットがあるサービスが簡単に利用できる

という部分から必要性が低くなっているのかもしれません。

ハローワーク職員が使えないこともある

ハローワークの何が使えなくて無駄かというと、

サービスという意識が職員にないことですし、

世間知らずだったり、転職経験豊富とも思えない人や、

単純に無愛想で仲介者として能力ゼロって人もいることです。

よく当たり外れがハローワークにはあるといいますが、

ハローワークにいる職員なんてほぼ外れでしょう。

言ってしまえばお役所仕事なわけで、

求職者に合った仕事を探して企業にアピールする

って仕事というわけではなく、

ただ単にハローワークの職員という仕事をしているだけですので、

力になってくれる存在というよりはシステムの一部なのです。

求職活動でのハローワークの利用は無駄になりやすい

ハローワークのすべてが無駄だとは思いませんが、

求職活動においてはハローワークは無駄が多いと感じます。

ハローワークを利用しなければ仕事が探せない

という状況では最早ないですし、

ハローワーク以外のサービスの方が、

求人や様々なサービスや情報が充実している部分もあります。

失業手当の受給とかには使えると思いますが、

実際に、求職活動や転職活動をする場合に、

ハローワークを使うことを否定はしませんが、

第一候補で使うところじゃないだろうって思いますね。

ハローワークが使えないというよりも、

ハローワークより使えるところがあるしって思うので、

総合的にハローワークは無駄と感じることになる気がします。