雑感

一人は寂しくない!一人が寂しいと感じる要素がないぐらいに一人でも寂しくない!

一人は寂しくない!一人が寂しいと感じる要素がないぐらいに一人でも寂しくない!

一人でいるのを寂しいと思うことがあまりありません。

むしろ一人でいられない方が苦痛かもしれませんし、

一人の時間は1日の中で絶対に必要なタイプです。

一人は寂しくない、と思う理由を考えていきます。

一人が寂しいと思う人は暇つぶしが下手

一人が寂しいと感じてしまうのは、

一人で過ごすことがヘタクソなのではないでしょうか。

または、一人でいることの楽しさを見いだせていない

ということも考えられます。

個人的にはひとりで暇をつぶすことが好きで、

いろいろと一人でないとやれないことが多いので、

一人が寂しくないと感じています。

どんなに友人や知人と楽しいことをしたとしても、

それとは別で一人で楽しいこともしたいわけです。

一人で出かけたり、一人で部屋に籠ってなにかしていると、

嫌味も言われたりもしますが、

一人の時間がないとむしろ寂しいと感じてしまうのです。

一人が寂しくない理由:普通に楽しい

一人が寂しくないのは普通に楽しいからです。

一人でいるのが楽しいと感じているので、

寂しいとは感じることはあまりないということです。

一人じゃ寂しいなという物事はありますが、

なんでも一人じゃ寂しいと思うわけではなく、

一人でいる楽しさを多く感じているので、

一人が寂しいとは特別思わないということですね。

一人が寂しくない理由:一人の時間が欲しい

一人の時間がないと嫌という部分はあります。

また、一人の時間が多くあっても全然良いという感覚ですから、

寂しいより、一人の時間くれやって感じです。

1日の中で一人の時間が半分以上あっても問題ないですし、

一人でいられないことの方にストレスを強く感じるので、

一人が寂しくないどころか一人の時間が必要ということです。

一人が寂しくない理由:一人でやりたいことが多い

要は、一人でしたいことが多くあるので、

必然的に一人になりますし、寂しくもないわけです。

なぜなら一人でしたいことをする時間が欲しいわけで、

寂しいというよりは、

むしろ積極的に一人の時間を確保しに行っているわけです。

一人でないと集中できないことや、

一人で楽しみたいことがあるので、

寂しいなんて思わないで、やりたいことができたという感じですね。

一人が寂しくない理由:自分ひとりで決められる

一人でいれば、自分で何をするか決められます。

無駄な邪魔や茶々が入らないので、

自分の思うようにストレスなく決めることができます。

何をしようが自由ですし、

途中でやめようが自由なわけですので、

自分の思うがままにできるので寂しくなんかないわけです。

一人が寂しくない理由:一人は疲れない

大勢や複数で何かするよりも、

一人でいる方が疲れないで済みます。

無駄な疲れがないので一人は良いと思います。

大勢でいることの良さもわかりますが、

一人でいると疲れないなどの利点をわかっているので、

基本的に一人が寂しいと思うことはないということですね。

疲れないためにも一人でいたいという部分もあるということです。

一人が寂しくない理由:時間を有効に使える

時間を自分の思い通りに使えるので、

寂しいと思うことなく過ごせます。

有効に使わないで無駄にすることも自責ですので、

自己完結できる部分が最大の良さかもしれません。

一人でスケジュールを立てて、

時から何時まではああしようこうしようと、

考えてやることが好きなので寂しくないですね。

一人が寂しくない理由:特に孤独を感じない

寂しくないと思う最大の理由かもしれませんが、

一人で過ごすことに孤独を感じないですね。

孤独を感じて寂しいと人は思うのでしょうが、

一人でいる時間に孤独を感じないので、

寂しくないという結論であるのは否定できません。

むしろ大勢の中にいるときの方が、

孤独は感じるものな気もするので、

一人でいるときは孤独よりも安心を感じますね。

一人が寂しくない理由:自分のために何かできる

自分のために使う時間という部分がありますので、

自分のために何かをする時間と考えれば、

寂しいということはなくむしろ貴重な時間です。

自分の成長や癒し、なんでも良いですが、

自分にプラスになるようなことに時間を使えますし、

自己への投資ということもできるので、

寂しいと感じるよりは喜ばしい時間になりますね。

一人が寂しくない理由:インターネットの普及

インターネットが普及して気軽に動画や漫画、

暇つぶしのアイテムがゴロゴロと転がっているので、

ネットが普及されたことによって、

一人が寂しいと感じるのは減ったのではないでしょうか?

ネットに繋がっていることで、

一人でも一人じゃないとも言えますし、

コミュニケーションも取れなくもないので、

ネットの普及は暇つぶしの簡便化でもありますし、

一人で過ごしても寂しくないツールではないでしょうか。

一人が寂しくない理由:誰かと関わることはできる

仮に寂しいと感じたとしても、

誰かと関わろうと思えば関われるから

という部分もありますね。

つまり、完全なる孤独でずっと過ごすわけではなく、

一人じゃなくしようと思えばいつでもできるので、

寂しいと思うことがないということです。

どう足掻いても孤独でいないといけない

という状況でない限り、

一人でいることの寂しさは紛らわせるということです。

一人は寂しくないというか一人でいるのが好き

一人でも寂しくないのは一人でいるのが好き

ということと、

一人でいる時間が必要であり、

大勢でいる時間よりも重要視している部分があるからです。

寂しいと感じるのは一人が苦手であったり、

一人だとやることがなく時間を持て余してしまうからでしょう。

ですから、一人が寂しい、寂しくないは、

一人でいる時間の過ごし方の差であると言えますね。

まぁいくら一人でいるのが好きだと言っても、

永遠に人と関われないとかは嫌なわけで、

複数人でいることの良さもわかっていますから、

絶対に寂しくないというわけではないのですが、

一人でいるのが寂しいと感じるよりは、

一人でいるの最高って感じる割合のが高いということです。