仕事

ダメな会社ほど無意味な会議や無駄な会議がとにかく好きで多い!

ダメな会社の特徴!無意味かつ無駄な会議がとにかく好きで多い!

仕事をしていて、この会議意味ねーなぁと、

思ったことは多くの方にあるでしょう。

また、ダメな会社だと思っていたり、

ダメになって行っていると感じる会社の場合、

無意味な会議や無駄な会議が多いなぁ、

と感じることが増えていくでしょう。

役に立たないで時間を浪費するためだけの無意味かつ無駄な会議が、

何故、行われるのかを考えていきましょう。

目的のための会議でなく会議が目的になっている

ダメな会社は会議をするということというか、それ以前の何人かで集まる、

決まったメンバーで集まるということだけが目的になっている場合があります。

つまり何か目的や内容についてを会議するというためではなく、

とりあえず集まる、会議を開催すること自体が目的になっている状態です。

話したり議論したりする内容が最初からないような会議は無意味かつ無駄

としか言いようがありません。

また、これを開催する理由は少し考えればないということは理解できるでしょうが、

何故かダメな会社はこのような会議を好んで継続していこうとします。

あわせて読みたい
【ダメな会社のアホな実態】実現不可能・困難な仕事を不利な条件で引き受けてくる地獄
【ダメな会社のアホな実態】実現不可能・困難な仕事を不利な条件で引き受けてくる地獄アホが会社を仕切ってアホが仕事を持って来て、アホなやり方を押し付けると当然うまく行くはずがありません。ですが、アホの周りにはアホが集まるもので自分は出来る、自分たちは仕事をしていると勘違いしたまま無理難題や不可能な仕事を自信満々で受けてしまうのです。...

主催者の自己満足のためだけに開催される無駄な会議

大抵、会議というものは誰かが呼び掛けたり、メンツを決めて開催されます。

上の人間などのある程度の権力を持った人間が主催していることが多いです。

何となくの思い付きなのか、何がしたいのかわかりませんが、

勝手な主催者都合のよくわからない会議に、

招集された経験がある方はいるのではないでしょうか。

このように会議の目的も不明で、

その会議内での自分の役割も不明な状態の、

よくわからない会議というものがあります。

主催者の方にしっかりと目的があればそうならない可能性もありますが、

会議に呼ばれてもよくわからないし進展も感じないような会議は、

主催した人間の自己満足のためだけの無駄な会議である可能性が高いでしょう。

あわせて読みたい
なぜダメな会社やダメになっていく会社はイエスマンと思考停止無能社員を優遇するのか
なぜダメな会社やダメになっていく会社はイエスマンと思考停止無能社員を優遇するのか多くのまともな方は、なぜこんなにもダメで使えない奴らが会社を仕切っていたり、ダメなイエスマンや思考停止している無能社員が優遇されているのか?と疑問に思うことでしょう。ダメな会社やダメな社長の下でイエスマンや思考停止無能社員が優遇される理由を考察しています。...

責任者や主導者が機能せず進展がない会議

勝手に会議を開催し招集をしておいて、

中心人物となる人間が主導しないし、

責任者として機能していない会議ほど無意味な会議はありません。

最終的に会議とは物事を決める場ですので、

意見や方向性を責任を持ってまとめる人間がいないと進展しないからです。

良い、ダメだ、ということだけ言って、

責任を持って方向付けしないようであれば意味がありませんし、

そのような人間に良いとか悪いとかを言う権利も本来はないからです。

自分で主催しておいて責任を恐れて、

いちゃもんをつけているだけのような人物がいる会議は本当に時間の無駄です。

結局、責任を誰かに押し付けたいけど、

うまく出来ないから会議という体裁を持って、

責任を分散させたいと考えているだけのようであれば、

無意味な会議と言えますし、

ダメな会社はこのような、

責任回避をしたい人間の都合だけの会議が多くなるものです。

あわせて読みたい
自分で責任は負えないと言いながら他人に仕事をやらそうとするダメな会社のダメ上司
自分で責任は負えないと言いながら他人に仕事をやらそうとするダメな会社のダメ上司自分で責任を負いたくないからと、関係ない人間に仕事をやらせようとするダメな会社やダメな上司を見てきた経験があります。自分で責任を負えないことを他人に強要するというぶっ飛んだ思考であるということを理解できていないダメな会社やダメな上司についてのお話です。...

議題についての知識や能力が不足している会議

アホで無責任な人間がやる気満々で主催した会議であり、

高い目標を掲げた会議だとしても、

集まった人間が議題について、

十分に語ったり議論できる知識や実績を上げたなどの経験や能力がなければ、

意味がない会議です。

というか、会議や議論にはならないのではないでしょうかね。

ですが、ダメな会社は現実逃避からか夢物語のようなことを語ったり、

不可能なことをやろうとする傾向があるので、

このような志だけの中身がない、

グダグダの無意味な会議が生まれやすくなります。

ある意味でこれも、

目標に向けて動いてはいますよ!

というような主催者の自己満足会議とも言えますし、

会議自体が目的であるとも言えますね。

あわせて読みたい
会社の目標設定の根拠はある?その会社目標は願望・妄想と変わらない目標設定になってない?
会社の目標設定に根拠はある?その会社目標は願望・妄想と変わらない目標設定になってない?会社の目標設定に対して違和感を感じることはありませんか?一方的に会社が目標設定をして目標に対して達成できる根拠やプロセス、指針を示さずに社員に目標だけを丸投げていたり押し付けているような状況になってはいませんか?また、会社の目標設定が願望や妄想と変わらないような無根拠な目標設定になっていないでしょうか。...

そもそも不必要な存在である会議

今まで上げたものも無意味な会議ではありますが、

そもそも出ても仕方がない会議に出ている場合もあります。

別にこの場にいなくてもいいのでは?

と思うことがあるならば出る必要は二度とないでしょう。

会議に出ない限り情報が共有されないみたいな仕組みなら、

その会社自体がおかしいとしか言えません。

また、会議自体の内容が無意味なものもあります。

この場合も出る必要は本当にないです。

それ会議する必要あるか?というようなクソどうでも良い、

ただの駄話や噂話などを井戸端会議みたいに話しているなら本当に無駄です。

仕事に関係があっても、

進展しない会議や非現実的な内容ばかりを話しているような会議も、

そもそも存在からして不要ではないでしょうか。

あわせて読みたい
【現実逃避する会社】経営が苦しくなり仕事から現実逃避を始めた会社がした10個の奇怪な行動
【現実逃避する会社】経営が苦しくなり仕事から現実逃避を始めた会社がした10個の奇怪な行動経営の悪化や業績不振になると問題を解決しようとしないで現実逃避をする会社があります。経営者や幹部などが現実逃避をしだすと会社は悪化の一途をたどります。理解不能の行動に思えますが、実際に見た会社の奇怪な現実逃避行動を紹介しています。自分の会社も現実逃避していないか参考にしてください。...

会議が多いのに何も決められないのがダメな会社

ダメな会社もそうですし、会社をダメにする人間は会議が好きですね。

あなたの会社にも会議ばっかしていて、

1日が終わっている人間やあらゆる会議をさせたがる人間はいませんか?

大抵、無能な上司やダメな社長である場合が多いです。

ということは、会社自体もダメになりつつあるか、

ダメな会社であるという可能性も高くなるわけです。

ダメな会社は会議は好きで何時間でもやったり、

毎日のように色々な会議が行われていたりしますが、

物事の進展は遅く、

散々話し合ってそんなこと決めてたのかよ!

って思うようなことばかりです。

また、今までの話し合いは何だったんだ!

というような覆りなども起こりやすいです。

会議すべてが無駄ではありませんが、

ダメな会社は無駄な会議や無意味な会議が多く、

無駄な会議や無意味な会議が多いと感じたら、

ダメな会社かもしれない!と考えてみてはいかがでしょうか。