仕事

会社の飲み会を苦労せずに断れる言い訳とキッパリと飲み会を断るための心得!

会社の飲み会を苦労せずに断れる言い訳とキッパリと飲み会を断るための心得!

会社の飲み会に行きたくない、

嫌だ苦痛だと思うなら断ればいいのです。

断りにくい、付き合いが悪いと思われそう、

などで悩んで行きたくないのに参加して疲弊していませんか?

ただでさえ限られた時間の大半を仕事に奪われているのに、

退勤後の時間も不自由に過ごすのは地獄です。

行きたくない会社の飲み会を、

キッパリと断ることができる言い訳と心得を紹介します!

行きたくない会社の飲み会を断れる5つの言い訳!

行きたくない会社の飲み会を断る際に、

つっこまれない、矛盾しない言い訳があると便利です。

何で行けないのかという理由を聞かれた場合に、

相手が納得できる理由が言えれば、印象も悪くせずに断れます。

じゃあ来れないのは仕方がないな

と思わせることができるならこっちも気楽に断ることができますからね。

経験から、うまいなと思った言い訳や仕方ないなと思った、

会社の飲み会を断る言い訳を紹介します。

あわせて読みたい
飲みニケーションと言いつつストレスばっか!会社が行うダメな飲みニケーション例!
飲みニケーションと言いつつストレスばっか!会社の苦痛な飲みニケーション例!飲みニケーションという言葉を掲げて開催される会社の飲み会があります。飲み会を通じてコミュニケーションを行い、関係を深めるという目的がありながら、苦痛やストレスしかない飲みニケーションも存在します。苦痛やストレスになるだけの飲みニケーションの例を紹介します。...

1.習い事があるので参加できません

習い事があるっていう断り方は秀逸だと思いました。

仕事終わりに、なんかしらを学んでいるということは、

否定できる要素がない完璧な理由ではないでしょうか。

逆に今後参加するという選択をした際は、習い事があるのに来てくれて有り難い!

という印象を与えることもできるので、良い言い訳だと思います。

2.病院に行く・医者に止められているので参加できません

これも鉄板な言い訳ではないでしょうか。

通院の予定や予約を入れているので、

飲み会に行かないのは仕方がないと思わせることができるでしょう。

病院なんか行かないで飲み会に来い!と相手が言うなり思うとしたら相手が異常ですしね。

医者に酒を止められているというのも効果抜群でしょう。

まぁこの言い訳をするなら酒好きな印象を相手が持っているとより効果的かもしれませんね。

医者に止められているのに強引に来いというようなら、相手が悪いと思っていいでしょう。

3.親戚・遠方や昔の友人に会うから参加できません

親戚や家族との用事は優先しても角は立たないでしょう。

ましてや県外などから来ているのでという、

遠方かつ滅多にないことであればより断りやすいでしょう。

親戚の場合はしょっちゅう来ないから現実味がない場合がありますが、

高校の友人、大学の友人

先輩、後輩などが県外から訪ねてくるなどの理由は汎用性が高く使いやすいでしょう。

4.本人立ち合いの用事があるので参加できません

荷受けや自宅などの本人立ち合いの用事、

本人証明が必須の郵送物の受け取り、

などは、期限もあるので有効な理由になるでしょう。

そんなことより飲み会だ!って言ってくる人間がいたら、ただの迷惑です。

5.ペット・家族・子供の世話があるので参加できません

ペットの世話も有効です。

餌を与えるのは必須ですし、

もろもろの世話やペットの病気なども理由として通用するでしょう。

家族や子供も同様に世話や用事、

一緒に過ごす時間を飲み会よりも優先して問題ないでしょう。

というか、優先すべきでしょう。

行きたくない会社の飲み会を断れる5つの心得!

会社の飲み会を断りやすい言い訳と同時に、会社の飲み会を断る際の心得も重要です。

実際は、細かい不参加の理由を詰められることはそこまでないでしょうし、

あったとしたら異常なことなんで気にしないでいいでしょう。

会社の飲み会を断るのに悩むのは、断る際の気持ちや心持の問題です。

ですから、キッパリと飲み会を断るための心得が理由よりも大事になります。

あわせて読みたい
当てはまったら行くな!つまらない・ストレスになるだけの会社の苦痛な飲み会の特徴!
当てはまったら行くな!つまらない・ストレスになるだけの会社の苦痛な飲み会の特徴!会社の飲み会には、つまらなくストレスや苦痛になる飲み会が存在しています。また、つまらなくストレスや苦痛しか会社の飲み会に感じられないという方もいるでしょう。ストレスや苦痛に繋がりやすい会社の飲み会の特徴を紹介しています。...

1.行きたくないから行かないという強い気持ちを持つ

断る理由どうしようかなぁとか悩むようであれば、

行きたくないから行かないというシンプルな答えだけを持つようにしましょう。

退勤後の時間をどう使おうが自由ですし、他人にとやかく言われる筋合いはありません。

ましてや会社の飲み会なんて無駄であると言ってしまえば無駄ですからね。

2.優先すべきはなんなのかを冷静に考える

会社の飲み会が有意義である無意味であるの関係なしに、

プライベートの時間を割くわけですから、

自分の優先順位をしっかりと考えましょう。

会社の飲み会より優先すべきことが、

自分の中にあるのなら飲み会を断ることに悩むことも自然となくなります。

3.参加しなくても大した影響はないと知っておく

飲み会に参加した経験がある方は多いでしょう。

思い返していただきたいのですが、

会社の飲み会に出てなにかプラスな影響がありましたか?

または、参加しなかった社員にマイナスな影響を見て取れたことがありますか?

会社の飲み会なんて出ても出なくても何の影響もほぼないのです。

あったとしても、飲み会の参加の是非で生じた影響なんてたかが知れていますよ。

4.誘いに対する感謝は示しておく

行く気がなくても素っ気なく愛想ない態度をとる必要はありません。

誘ってきたという行為に対しては感謝を示しておいて損はないです。

お誘いありがとうございます!ですが、

という風につなげて言っておけば、大丈夫です。

5.下手な嘘や余計なことは言わず断る

断る際に、断る理由を追及されなければ用事です、

ぐらいで無駄なことは言わないでおきましょう。

また、嘘の理由を言ってもいいですが、

過去に本当にあった出来事や用事を言い訳に使いましょう。

そうすれば、全部が嘘の話ではないので真実味が出てバレにくいので使えますよ。

会社の飲み会は行くか行かないかしかない

会社の飲み会に行きたくない!

会社の飲み会に行きたい!

どちらにせよ、会社の飲み会は参加するかしないかしかないのです。

だから、参加しないを選択することに、

悩む必要もなければ罪悪感を覚える必要もないのです。

参加する人間も参加したいと思ったからとか、

特に予定もなく暇だから程度の理由で参加してるのですから。

なんか社内の大勢が参加したりすることで引け目を感じるのかのしれませんが、

所詮、居酒屋で酒飲んで話してダラダラしてるだけですからね。

飲みに行くなら仲の良い人間と行く方が楽しいしストレスもないですから、

会社の飲み会なんてあらゆる飲み会の中で考えても、

優先度が低い価値のないものって思っていいでしょう。