KSM×LOG|仕事や日々について考えたり感じたことを綴るブログ
仕事

職場のあだ名は痛い奴らの内輪ノリのみで浸透しない理由

職場のあだ名は痛い奴らの内輪ノリのみで浸透しない理由

職場であだ名をつけるという動きを目の当たりにしたことはありますでしょうか。

実際、いい大人があだ名で呼び合うさまは滑稽なものですし、職場であだ名をつけたがる風潮は薄気味悪い部分があります。

学生乗りなのか、何の目的があるのかわかりませんが、職場のあだ名は痛い社員の内輪ノリ感が強く寒いだけの理由を解説します。

職場であだ名をつける必要性は特にない

正直、服装自由のいわゆるこれまでの企業という文化ではない会社で働いてきた身として、あだ名をつける動きを目の当たりにはしてきましたが、必要性を感じたことはありません。

ベンチャーやITでは、堅苦しくない部分が良さという面もありますが、無理やりにあだ名をつけて文化としようとする謎の勢力が出て来ることがありました。

しかし、そのような動きを見せたとしても、やっぱりさんをつけて名字で呼ぶのがほとんどですし、それで困ることはないわけです。

つまり、仲良くなるとか雰囲気をよくするとか何か理由をつけて職場のあだ名を正当化しようとしていますが、簡単に言えばほとんどの場合で無駄で意味のないことだなという感想しかないということです。

あわせて読みたい
【仲間意識を履き違えた会社】仲間意識が強い会社の問題点と職場の異常性
【仲間意識を履き違えた会社】仲間意識が強い会社の問題点と職場の異常性やたらに仲間意識や仲間、仲良し!を強調してくる会社や職場ってありませんか?仲間意識が強い会社は問題点や異常性がある可能性が高い、または高くなる傾向があります。仲間意識を履き違えた会社の仲間意識が悪い方向へ行くと会社はどんどん異常になっていきます。...

職場であだ名をつけたがるのは痛い社員

職場であだ名をつけよう!と抜かしてくるのは高い確率で痛い社員です。

仕事で貢献するという目的よりも、社内のポジションや仲間づくりを考えているような、はっきり言えば面倒な社員といっても差し支えないような厄介な奴があだ名をつけたがるのです。

また、自称人気者や情報通、狭いコミュニティでわちゃわちゃやって楽しい風をだしてそれをみんなも喜んでいるという認識をしてしまう痛い社員しか、あだ名をつけようという発想にならないともいえるかもしれません。

あだ名の是非を問う以前に、あだ名をつけましょうと抜かしてきた社員に対しては、あっこいつ面倒なヤツというか痛い奴だと思って距離をとったほうがいいかもしれません。

あわせて読みたい
【変な職場】違和感を感じたら終わりの始まり!気持ち悪く異常な会社の15個の特徴!
【変な職場】違和感を感じたら終わりの始まり!気持ち悪く異常な会社の15個の特徴!変な職場、異常な会社の文化や風習などがありますが、それに気が付くことは入社前なら難しい部分があります。ですが、仕事をしていく、会社に勤めていく、職場に通うことにおいて、自分が変な職場や異常な会社の文化や風習だな、変な社員ばかりだなと感じてしまうと働き続けるのは厳しくなります。変な職場の特徴を15個紹介します。...

職場であだ名をつけることも呼ぶことも寒い

簡単に言うと、職場であだ名をつけようということも、あだ名で呼び合っているさまもどちらも寒いし薄気味悪いということです。

ただでさえ、社員全員の名前を覚えるなんて大変なことですし、関わりのない社員も多くいる場合もあるでしょう。

そのような中で、さらにあだ名で呼び合いましょうよー、なんてアホなことを抜かし、センスもくそもないあだ名をつけ合うなんて地獄というほかないでしょう。

また、あだ名をつけることで打ち解けられると思っているのであれば大間違いです。

一部はあだ名で呼んでいる、一部は名字で呼んでいる、一部は顔も名前も知らない、ということになりあだ名で呼んでいる奴らは浮かれてるのかもしれませんが、変な感じになるだけです。

結局のところ、職場でのやりとりは仕事や業務に関することが大半になるので、そのような場面でもあだ名で呼ぶことは相応しくない場合が多いのも事実です。

小さいグループやチーム内ではあだ名でもいいかもしれませんが、職場全体で浸透させようとすること自体はナンセンスな行為といってもいいでしょう。

あわせて読みたい
【雰囲気の悪い職場】みんなで仲良くでは職場の雰囲気が改善されない理由!
【雰囲気の悪い職場】みんなで仲良くでは職場の雰囲気の悪さが改善されない理由!職場の雰囲気が悪いからといって、みんなで仲良くしよう!みたいなアホ丸出しの改善をしようとする無能な会社や管理職がいますが、職場の雰囲気が悪いのは様々な不満が溜まっているという原因があります。職場の雰囲気が悪い原因を特定しないと改善などできないということを理解しておくべきです。...

職場のあだ名は内輪ノリ好きな奴らのクソ寒い行為

職場では、職場内で仲間や友達を作りたいという考えが先行している痛いやつらがいることが多いです。

そのような内輪ノリ好きな痛い連中は、あだ名をつけたがる傾向が強いのです。

あだ名に関する部分以外にも、職場内で内輪ノリ好きな連中というのは、高い確率でクソ寒いやつらな可能性が高いか、気持ち悪い仲が良い風の変な職場を作り出す原因になるような奴らです。

だから、職場であだ名をつけること自体も気味が悪く見えますし、職場のあだ名自体も浸透していかない内輪ノリの感じにしかならないのです。

つまるところ、あだ名の是非というよりも、あだ名をつけたがる人間が出す空気感や雰囲気が職場の中で異質であるということや、その異質さが当たり前になるような職場は異常な職場ともいえます。

職場のあだ名をつけるという目的や浸透させるということよりも、あだ名をつけようとしている空気感から異常性がないかどうかを判断するきっかけに使えるぐらいではないでしょうか。

あわせて読みたい
内輪ノリ・内輪ネタは内輪以外で披露されても嫌な気分にしかならない
職場や学校の内輪ネタ・内輪ノリは内輪以外で披露されても嫌な気分にしかならない理由内輪ネタや内輪ネタが嫌いという感情を昔から持っています。学校や職場、何らかしら人が集まる場所やコミュニティでは内輪ネタや内輪ノリが出てきます。内輪ネタや内輪ノリをなぜ嫌いと感じるのかを考察しています。何となく昔から職場や学校の内輪ネタや内輪ノリがウザくて嫌いだという方は是非ご覧ください。...

職場のあだ名はメリットは特になくうすら寒いだけ

職場であだ名をつけるということの目的やメリットを実感することは少ないでしょう。

簡単に言えば、一部のやつらの自己満足でしかなく、気持ち悪く寒い雰囲気を感じることにしかなりません。

コミュニケーションの活発化や親睦を深めるため、打ち解けやすくするためなど、何かと理屈をつけて、あだ名をつけようとする勢力が職場に現れることもありますが、多くの場合で内輪ノリだけで終わります。

全社的におこなっていて、雰囲気が合わないなと感じるのであれば、あだ名以外の部分でも異常性が多い職場であったり、学生ノリや幼稚な職場であることが多く、早めに転職したほうがいいでしょう。

たかが、あだ名と考えずに、職場の動きを察する要素や職場の合う合わないの判断素材として活用してみてもいいかもしれません。