KSM×LOG|仕事や日々について考えたり感じたことを綴るブログ
仕事

やる気が出ない日は仕事を休む?仕事でやる気が出ないときに休むメリット

やる気が出ない日は仕事を休む?仕事でやる気が出ないときに休むメリット

仕事のやる気が出ない、と感じるときは多くの方にもあるのではないでしょうか。

理由のあるなしに関わらず、なんかやる気しねーなぁというときはあるものです。

このような、やる気が出ない日は仕事を休むという選択肢を持っておいた方がいい場合もあります。

仕事でやる気が出ないときに休む理由やメリットについて考えていきましょう。

仕事のやる気が出ない日はある

どうしても仕事のやる気が出ないという日は、理由は人それぞれあるでしょうがあるものです。

といいますか、毎日その葛藤と戦って頑張って仕事をしている人も少なくはないでしょう。

つまり、仕事のやる気が出ない状態になるのはおかしなことではないということです。

仕事のやる気が出なくて、今日は仕事ができない、今日は休みたい、という気持ちになっているのであれば、思い切って仕事を休むという選択肢を取ることも考えておいた方がいいかもしれません。

あわせて読みたい
体調不良なら仕事は休む!体調不良で調子が悪いときは会社を休んだ方が結果的に良い
体調不良なら仕事は休む!体調不良で調子が悪いときは会社を休んだ方が結果的に良い体調不良で仕事や会社を休むことに悩んだり迷ったりする必要はありません。むしろ体調不良で仕事や会社を休むことは理由として普通なことです。体調不良なのに無理して出社することは美徳でもないですし周りにも迷惑な行為です。体調不良であれば仕事や会社を休む判断を早めにして早めに治して仕事に行けるようにすることが大事です。...

やる気が出ないときに仕事を休むのもありな理由

出社するとしても、やる気が出ないことで仕事に手がつかないのであれば、出社しているという状態ではあっても、休んでいるのと変わらない状態です。

わざわざ出社したうえでサボるよりは、最初から休んでしまった方が話は早いですし、体も心も休まります。

出社している場合は、実際は仕事をしていないとしてもリラックスできる環境ではありませんし、仕事をしているフリをする必要などもあります。

また、単純にやりたいことができないですし、仕事をしていなくても休んでいるとは言い難い状態ですよね。

やる気が出ないから仕事はしないのにわざわざ出社するのは、ただ単に仕事も進まないし疲れるだけの結果になるので、このような無駄な時間を過ごすよりは、最初から休むと決めたほうが有意義ではないでしょうか。

あわせて読みたい
会社や仕事を休むのもアリな理由
会社行きたくない!行くのが怠い気分の時は会社や仕事を休むのもアリな理由!会社行きたくない!と朝起きて、急に思ってしまうことはあるでしょう。理由は疲れている、眠たい、やる気が出ない程度のことかもしれませんが、会社行きたくない!という気持ちになってしまったら、敢えて休むのもアリな理由を解説しております。...

やる気が出ないときに仕事を休むメリット

やる気が出ないときに仕事を休むことは、長い目で見ればメリットがあります。

どのようなメリットがあるかというと、

  • 心身を休ませることができる
  • 出社して無駄な時間を過ごさなくて済む
  • やる気がないが故のミスやトラブルの回避
  • 明日以降に気力を充実させられる可能性が高まる

などになるでしょう。

出社して仕事をしないでいても心や体は休まりませんので、仕事を休むことでリフレッシュする時間を確保できます。

また、出社して仕事をしないという時間は、欠勤にならないというだけで時間としては無駄ですので、有意義な時間を過ごすためにも休んで好きなことやしたいことをする時間にしたほうがいいでしょう。

逆にやる気が出ないで出社したとしても、仕事をしないで過ごせるとも限りません。

やる気が出ないまま、何となくというか集中しないで仕事をしてしまうことで、何かミスやトラブルを発生させてしまう可能性は通常時よりも高まるので、このようなリスク回避のためにも休むのは効果的です。

これらを考えて、やる気が出ないというのは気力なり体力が低下している状態ともいえますので、明日以降を充実して仕事をするためにも、一旦休むという選択肢は長い目で見れば適切な判断ともいえるかもしれません。

無理をして仕事をするよりも、休んで体制を整えて前向きに仕事に向き合える状態を作るキッカケや息抜きのポイントとして、やる気が出ない日は前向きな気持ちで休むというの悪くはないでしょう。

つまり、やる気が出ない日は休むことがメリットというよりも、やる気が出ない日に仕事を休むことでメリットを生み出すという考えが合っているのかもしれませんね。

あわせて読みたい
寝不足で会社を休むことは普通にある!休めるなら寝不足でも会社休んどけ!
寝不足で仕事を休むのは普通!一睡もできなかった・眠れなかったら会社休んどけ!寝不足だから会社休みたいなぁと思う時はありませんか?たかが寝不足で会社休むのは気が引けるという方もいるでしょうが、寝不足は会社を休む理由として十分です。寝不足で会社を休んでもいい理由や休む必要性について解説しています。...

仕事はやる気が出なくてもやれたほうがいい

やる気が出ない日は仕事を休むのはアリですが、仕事はやる気に左右されないで進められるようにしておく必要もあります。

やる気があるから捗る、やる気がないからできないじゃ計算は立たないですし、やる気を自分の意志で出すことは難しいからです。

つまり、日ごろからやる気はないけど仕事は進められるようにしておく、やる気はなくても最低限のクオリティやスピード間で仕事に取り組めるという状態にしておくのです。

やる気がない状態を普通の状態に置き換えることで、やる気がないからといって無闇に休むこともなくなりますし、休むと決めた際は本当に休みが必要なときという風に考えることもできます。

また、やる気がない状態でも普通に仕事ができるようになれば、やる気がある日のパフォーマンスはより高いものになるので、仕事はやる気が出なくてもある程度というか必要なクオリティとスピードで進められるようにしておくといいのです。

あわせて読みたい
仕事のやる気が出ない?やる気が出ないと悩むならそもそも仕事でやる気は出さないほうがいい
仕事のやる気が出ない?やる気に左右されるなら仕事でやる気は出さないほうがいい仕事のやる気が出ない、と無駄に悩んでいませんか?仕事のやる気が出ない、仕事のやる気を出すにはどうすれば?と考えること自体がナンセンスです。仕事をする上でやる気に頼ったり左右されるのはよくありません。やる気が出ないということが多いのであれば、仕事のやる気が出ない状態で如何に問題なく仕事をこなすかを考えるべきなのです。...

仕事にならないぐらいやる気が出ないなら休むべき

やる気が出ないから仕事を休むと考えるのは悪いことではありません。

しかし、仕事がやる気に左右されすぎるのも考え物ですので、やる気に頼らないでも仕事を進められるようにしておく必要性はあります。

つまり、仕事にならないぐらいやる気が出ないのであれば休むべきともいえます。

やる気があろうがなかろうが仕事はしなくてはいけないので、仕事になるかならないか仕事をすることのデメリットの方が勝っているかを考えて、やる気が出ない日は仕事を休むかを判断しましょう。

そして、やる気が出ないから仕事を休むと決めたのであれば、明日以降はやる気を回復させられるように、罪悪感を持たずにリフレッシュして、休むと決めたことを自分自身でも最大限に尊重して休みを活かせるようにしましょう。