KSM×LOG|仕事や日々について考えたり感じたことを綴るブログ
仕事

仕事のやる気が出ないとき、やる気が出ないときの仕事は明日やればいい

仕事のやる気が出ないとき、やる気が出ないなら仕事は明日にやればいい

どうしたって、仕事のやる気が出ないときというものが、働いていれば誰にでもあるでしょう。

なにか原因があって仕事が手につかないというときもあれば、自分でもよくわからないけど仕事のやる気が出なくて仕事にならない、というときもありますよね。

このような、やる気が出ないときは仕事を無理にやらない方がいい理由を解説します。

仕事のやる気が出ないときはどうしてもある

仕事のやる気が出ないときはどうしてもあるものです。

ある程度は自分でやる・やらないという意思でコントロールすることはできますが、自分でコントロールできないぐらいにやる気が出ないときというのもあります。

逆に言えば、自分ではよくわからないけどやる気に満ちているときもあるはずです。

つまり、どうやってもコントロールできない部分がやる気にはあるわけで、多少はやる気の有り無しにパフォーマンスが左右されてしまうということがあるということです。

ですから、どうしても仕事のやる気が出ないときはそれを受け入れたうえでどうするかという対応が必要になります。

あわせて読みたい
月曜日にやる気が出ないのは普通!無理して月曜から仕事や勉強のモチベーションを持たなくていい
月曜日にやる気が出ないのは普通!無理して月曜から仕事や勉強のモチベーションを持たなくていい月曜日にやる気が出ないと悩んだりはしてないでしょうか。月曜日は1週間の中でもやる気が出にくい曜日です。月曜日は仕事や勉強のやる気が出ないということを前提であると割り切って、如何にやる気のハードルを下げ、やる気が出なくても無難に乗り切るかを考えて、月曜日を過ごすことが大事になります。...

仕事のやる気が出ないなら無理しない方がいい

基本的に仕事のやる気が出ないときは無理しない方がいいでしょう。

なぜなら、やる気が出ないときに仕事を無理にしても良いことは多くの場合でないからです。

休めるなら、休んでもいいでしょうし、難しい仕事や面倒な仕事は後回しにして、無難に過ごすなどの選択をしたほうがいいでしょう。

やる気が出ないときは、集中できていなかったり細かいことに気がつけなかったり普段なら当たり前にできているようなことが疎かになってしまっていることが多いです。

このようなときに無理したり、なんとなくで仕事をしてしまうと後で大きなミスがあったなどのようなことになりかねません。

ミスはどうしたって起こってしまうもので常に注意が必要ですが、その意識が散漫で低下しているやる気が出ないときに仕事を無理してやることでリスクが増加してしまいます。

また、やる気が出ないということは理由がわからなくても心身のいずれかか両方が疲弊している可能性も高いです。

自覚がなくても疲弊している可能性が高いときに無理をしてしまえば、後に響くことになりやすいので、どうであれやる気が出ないときは無理をすべきではないということです。

あわせて読みたい
やる気が出ない日は仕事を休む?仕事でやる気が出ないときに休むメリット
やる気が出ない日は仕事を休む?仕事でやる気が出ないときに休むメリットやる気が出ない日は仕事を休むのはありなのでしょうか。やる気が出ない日は仕事を休む選択肢がありな理由とやる気が出ない日に仕事を休むことのメリットを解説します。仕事のやる気が出ない日は誰しもあるものですので、仕事を休むべきか否かということを適切に考えられるようにしておきましょう。...

仕事のやる気が出ないときはどうすべきか

仕事のやる気が出ないときは可能であれば休んでください。

のっぴきならない事情があるわけではないのであれば、最初から休めるなら休んでしまってもいいでしょうし、早退できるなら早く帰るなど仕事から離れられるのであれば離れてください。

朝起きてやる気が出ないという感じであれば、このように休むか出社や仕事中にやる気が出ないと感じたら早めに切り上げるのが重要です。

慢性的にやる気が出ない状態であれば、3日以上の長めの休むを取るなりをしてリフレッシュする時間を確保しましょう。

それでもやる気が出ない場合は、おそらくやる気だけの問題ではない可能性が高いので、転職を検討するなり今の仕事から環境を変えるなどの動きもしたほうがいいかもしれません。

いずれにせよ、なるべくやる気が出ないときは仕事から離れるということは意識しておきましょう。

やる気が出ないときでも最低限の仕事はできるようにする

やる気が出ないときは休むなり仕事から離れたほうがいいといいましたが、毎度毎度やる気が出ないからといって休めるものでもないですし、やる気が出ないからと安易に休むのもよくはありません。

また、やる気が出ないから仕事にならないという頻度が多いのであれば、普段からやる気という曖昧なものに頼って仕事をしているとも考えることができます。

つまり、やる気が出ないから仕事にならないという人は裏を返せばやる気が出ないと仕事ができない人ともいえるので、それはそれでよろしくはないのです。

やる気満々なときなんてそこまで頻繁に多く訪れませんし、むしろやる気が出ない日の方が多いのではないでしょうか。

ですから、普段からやる気を出さなくてもそれなりに仕事ができるようにしておかなければいけません。

やる気がなくても、最低ラインのパフォーマンスやいわゆる平均以上のパフォーマンスを出せるようにしておくと、やる気に左右されずに影響を最小に働くことができます。

このようにできるようになっていても、どうしても仕事にならないぞ!というときに仕事から離れるという決断をすることが効果的であるということです。

あわせて読みたい
仕事のやる気が出ない?やる気が出ないと悩むならそもそも仕事でやる気は出さないほうがいい
仕事のやる気が出ない?やる気に左右されるなら仕事でやる気は出さないほうがいい仕事のやる気が出ない、と無駄に悩んでいませんか?仕事のやる気が出ない、仕事のやる気を出すにはどうすれば?と考えること自体がナンセンスです。仕事をする上でやる気に頼ったり左右されるのはよくありません。やる気が出ないということが多いのであれば、仕事のやる気が出ない状態で如何に問題なく仕事をこなすかを考えるべきなのです。...

やる気が出ないときの仕事は明日やろう

やる気が出ないときの仕事は明日に回してしまいましょう。

どうしても今日やらなければいけない!というものであれば、やる気がどうだなんて甘えたこと言ってないでやっちゃってください。

絶対にやらなければいけないということは、しんどくてもやったほうがいろいろな面で楽だからです。

逆にどうしても今日でないといけないわけではないということは無理してやる必要はありませんし、ましてや仕事のやる気が出ないときであるのであれば、なおさら今日はやらない方がいいでしょう。

やる気が出ないときに仕事を正しく取捨選択できることも業務効率を考えれば必要なことですので、やる気のあるなしの際の引き際の見極めや、やる気のあるなしに関わらずやらなければいけないという判断を適切にできるようにしましょう。

そのうえで、やる気が出ないときで急ぎや必要性の高い仕事がないのであれば、明日に回して早めに休むようにしてください。