仕事

【正論が通じない人】なぜダメな会社の上の立場の人間には正論が通じないのか?

【正論が通じない人】なぜダメな会社の上の立場の人間には正論が通じないのか?

仕事に関わらず、話をしていて、

こいつ話通じないなぁとか、正論言ってんのに理解されねえな

っていうことを経験をしたことがある人は少なくはないでしょう。

正論が通じないと、もう話にならない!お手上げ!って、

状態になってしまいますよね。

なぜダメな会社の上の立場の人間には正論が通じないのかを考察していきます。

正論に会社の痛いところを突かれているから

ダメな会社は上の立場の人間がダメであるが故に、

ダメになってきているということは否定できません。

組織は上の人間がしっかりしていれば機能するものだからです。

つまり、上の立場の人間が会社をダメにしている原因であるわけです。

会社がダメな理由はあなた達だ!とまでは言い切っていなくても、

会社の問題点や課題などの痛いところを正しく指摘した場合は、

素直に受け入れることができないのです。

痛いところを突かれた結果、正論言うならやって見せろ!

みたいな暴論で、責任転嫁して逃げるだけなのです。

あわせて読みたい
【会社崩壊】社長・管理職・平社員と立場に関係なく会社をダメにする人間に共通する特徴
【会社崩壊】社長・管理職・平社員と立場に関係なく会社をダメにし崩壊させる人間に共通する特徴会社崩壊に導く人間は、社長・管理職・平社員と立場に関係なく共通したダメな特徴を持っています。上の立場の方が影響力が強いのは当然で会社崩壊は加速していきますが、どのポジションでも会社崩壊に少なからず関与し会社を内側からダメにして破壊していく人間の特徴を紹介しています。...

正論を認めるとこれまでを否定することになるから

ダメな会社といえども、それなりにこれまでやってきている場合は、

過去の栄光かもしれませんが、変なプライドやこだわりがあったり、

勘違いし続けている、古い考えのままでいる、ということがあります。

現状うまくいっていない理由がこれらのせいだという正論をぶつけたとしても、

彼らは過去の栄光にすがり、同じことだけをやり続けるしか能がありませんし、

無意味なことをやっている、むしろ悪影響なことをやっているという、

現状やこれまでを否定したくないという気持ちから正論を通じなくするのです。

あわせて読みたい
ダメな会社はダメなことを指摘すると「頑張っている」という言葉で逃げる
ダメな会社はダメなことを指摘すると「頑張っている」という言葉で逃げるダメな会社はダメなことを指摘した際や失敗した時の言い訳に、頑張っているという言葉に逃げてしまうという特徴があります。ダメな会社は頑張っているという言い訳を使ってしまう理由はどこにあるのかを考察しています。...

痛い社員は立場が下のものからの正論をつぶす

正論に耳が痛くてもお前に言われたくはない!って感覚は、

大なり小なり誰にでもあるのかもしれませんが、

ダメな会社の痛い社員や勘違いしてるお偉方は、

この感覚が異常に強くあると言えます。

正論を突かれて、何も言い返せなくなると、じゃやってみろ!

と、ド正論を突かれたダメな元凶のくせに偉そうに命令してきます。

命令をして邪魔をしてきて、

出来ないだろ!俺ならできたけどな!ガッハッハとマウントするだけです。

出来るならてめえでやれよ!と思いますが、そもそも出来ないボンクラですし、

彼らの目的は会社のためになることではなくて、

如何に自分らから責任を逃がして、話題をそらして、

会社が沈む日まで偉そうにふんぞり返っていられるかどうかしかないのです。

あわせて読みたい
【マウントとする心理】なぜ会社の仕事や人間関係においてマウントしたがる輩がいるのか?
【マウントとする心理】なぜ会社の仕事や人間関係においてマウントしたがる輩がいるのか?マウントする人の心理について考察しています。会社の仕事や人間関係においてマウントをする、マウントしかしていない人の心理や考え、傾向についても紹介しています。なぜマウントする必要性やマウントする心理や行動をとる輩が会社には存在しているのでしょうか。...

ダメな会社に正論が通じないのは狂ってるから

ダメな会社に正論が通じない理由は、

シンプルに考えが狂っているから、ということはいえるでしょう。

なんせダメな会社なんです。

まともじゃない考え方を持つ人間がダメにしていった会社や、

自分たちで現在進行形にダメにし続けているような会社は、

狂った考えのもとで動いていたり、狂った考えの人間が支配しているものです。

狂った人たちに正論を投じても通じなくて当たり前なのです。

このようなダメな会社では、恥知らずで面の皮が厚いだけの無能が得をして、

良識や常識がある人間ほど損をするような構造になっているのです。

あわせて読みたい
なぜダメな会社やダメになっていく会社はイエスマンと思考停止無能社員を優遇するのか
なぜダメな会社やダメになっていく会社はイエスマンと思考停止無能社員を優遇するのか多くのまともな方は、なぜこんなにもダメで使えない奴らが会社を仕切っていたり、ダメなイエスマンや思考停止している無能社員が優遇されているのか?と疑問に思うことでしょう。ダメな会社やダメな社長の下でイエスマンや思考停止無能社員が優遇される理由を考察しています。...

ダメな会社は正論より現状維持と非現実的な話が好き

謎の部分ともいえるのですが、

ダメな会社は正論よりも変化を拒んで現状維持を目指したり、

妄想レベルの非現実的な話に夢中になります。

問題が目に見えている状況であっても問題を直視しようとしないのです。

むしろ問題を提起して正論を放った人間が損をしたり異端視されるだけになります。

ですので、正論は無視され続け、破滅への道をひたすら進むということになります。

正論が通じないというより、現実の問題から目を背け、正論を遠ざけ、

現実逃避し続けているということの方が正しいのかもしれません。

そんな夢の世界にいたいと考えてる人に、

水をぶっかけるような正論をしたところで、

機嫌を損ねるだけで、夢からは覚めてはくれないのです。

あわせて読みたい
【現実逃避する会社】経営が苦しくなり仕事から現実逃避を始めた会社がした10個の奇怪な行動
【現実逃避する会社】経営が苦しくなり仕事から現実逃避を始めた会社がした10個の奇怪な行動経営の悪化や業績不振になると問題を解決しようとしないで現実逃避をする会社があります。経営者や幹部などが現実逃避をしだすと会社は悪化の一途をたどります。理解不能の行動に思えますが、実際に見た会社の奇怪な現実逃避行動を紹介しています。自分の会社も現実逃避していないか参考にしてください。...

正論が通じない人とは一緒に仕事はできない

なぜダメな会社には正論が通じない人が多いのかと説明してきましたが、

正論が通じない人というより、

  • 狂ってる人
  • 現実逃避してる人
  • 無能な人
  • 勘違いしてる人
  • 単純にアホな人
  • 痛い人

と考えれば、正論が通じない人であることも納得できますね。

ですが、納得したとしても正論が通じない人と仕事するのは地獄です。

しかも偉そうに威張っていて、正論が通じないばかりか暴論を振りかざし、

異常なことがダメな会社では通常になるからです。

会社の上層部や経営者が正論が通じない異常者ばかりで形成されると、

非常識が常識化していき、暴走は止まりません。

良識がある方がいくら正論で戦おうとしても理不尽につぶされてしまうのです。

また、正論が通じない方々も正論なんて聞きたくない精神があるので、

沈みゆくことしかできないのです。

正論が通じない、異常な会社に勤めている方は早めの対応をしましょう。

その異常な会社で正論を言っても無駄です。

そんな会社早く辞めたほうがいいよ、が正論です