KSM×LOG|仕事や日々について考えたり感じたことを綴るブログ
仕事

仕事中の私語がうるさい!職場では私語ばかりか仕事の話も場合によっては迷惑になる

仕事中の私語がうるさい!職場では私語ばかりか仕事の話も場合によっては迷惑になる

仕事中に私語をしてしまうことや、

職場の私語をうるさいなと思ったり迷惑に思うこともあります。

コミュニケーションとして会話は必要不可欠ですが、

仕事中の私語に関しては注意や意識が必要です。

仕事中や職場での私語について考えていきましょう。

そもそも仕事中や職場ではどっからが私語なのか?

私語と言ってもどっからが私語なのか?

というのは意外と曖昧ですし、

不可抗力で私語をすることもありますよね。

一般的に私語とは会話をしてはいけないような状況で、

勝手に会話を始めてしまうようなことを意味します。

つまり内容に関わらず、

その場の状況次第で私語の是非は決まる

という考え方も出来るわけです。

勤務中は多くの会社は黙々と仕事をしていることが多いでしょうし、

自由に会話をしながら仕事をするという状態でないのであれば、

仕事中や職場で勝手に会話をすることが私語であるとも言えますね。

あわせて読みたい
会社で仕事以外での人間関係や人付き合いでストレスや面倒を与えてくる奴とは関らないのが正解!
会社で仕事以外での人間関係や人付き合いでストレスや面倒を与えてくる奴とは関らないのが正解!会社や職場の人間関係や人付き合いに悩むのはバカらしいことです。ましてや嫌いな人間との関係や気が進まない誘への対応に悩むなんで時間の無駄です。会社で仕事以外での人間関係や人付き合いでストレスや面倒を与えてくる奴とは関らないのが正解ですよ!...

仕事中の私語は基本的には不要

内容に関わらず私語になるということもあると話しましたが、

職場の場合は、仕事に関係のない話や、

プライベートな事柄に対する会話を私語と位置付けることが多いです。

仕事に関係のない話であれば仕事中には、

基本的にする必要はない話であると言えますよね。

また、プライベートな会話を不特定多数がいる場で、

わざわざ聞こえるように話してくれる必要もありませんので、

私語の中でも仕事に無関係な話は基本的には不要ではないでしょうか。

オフィス内は休憩中と言えど、他の人がいたりしますし、

仲が良い人間同士で会話しているつもりであっても聞こえますし、

昼休みで仕事をしていない場面であっても、

バカみたいにプライベートな内容の話が耳に入ってくる状態は、

関係のない人にとってはうるさいし迷惑だなと思われることもあります。

オフィス外でするならまだしもオフィス内では、

プライベートな内容の私語をする必要は基本的にはないと言えるでしょう。

あわせて読みたい
内輪ノリ・内輪ネタは内輪以外で披露されても嫌な気分にしかならない
職場や学校の内輪ネタ・内輪ノリは内輪以外で披露されても嫌な気分にしかならない理由内輪ネタや内輪ネタが嫌いという感情を昔から持っています。学校や職場、何らかしら人が集まる場所やコミュニティでは内輪ネタや内輪ノリが出てきます。内輪ネタや内輪ノリをなぜ嫌いと感じるのかを考察しています。何となく昔から職場や学校の内輪ネタや内輪ノリがウザくて嫌いだという方は是非ご覧ください。...

仕事中の私語の許容範囲は職場による

仕事中の私語は基本的には不要だと言いましたが、

職場での私語の許容範囲は職場によるのではないでしょうか?

基本的に職場に私語は不要だと思うけど、

ダメだと言い切れるものではないですし、

どの程度まで私語が許されるかは職場の環境や仕事内容によるでしょう。

例えば、二人でずっとモニターを見ているだけの仕事であれば、

二人が良しとしていれば、ずっと私語をしていても、

仕事に影響さえ起きなければ問題は全くないですよね。

極端な例ではありますが、

私語をしなくても成立はするけど、私語をしていても成立していて、

迷惑な状態ではないのであれば、私語をしても問題ないでしょう。

そして、私語があっても成立するかどうかは仕事内容や職場によりますし、

どれぐらいの範囲や内容の私語が許されるかどうかも、

それぞれの仕事や職場の状態や雰囲気、

管理者やメンバーの感覚から生まれる面もあるわけです。

あわせて読みたい
職場が合わない状態とは?合わない職場と感じるポイントと判断基準
職場が合わない状態とは?雰囲気・人・仕事など合わない職場と感じるポイントと判断基準職場が合わないと感じてしまうと仕事が嫌になり辞めたくなってしまいます。どんなことが原因で合わない職場だと感じてしまうようになるのでしょうか。また、明確な原因がなく説明できないけど職場が合わないと感じることもあります。職場が合わないと感じる要因と合わない職場と感じたらどうすべきか考えていきましょう。...

仕事中や職場の私語で怒られるのは間抜け

仕事中に怒られるぐらいに私語をするのは間抜けです。

職場によって許容範囲は変わると言いましたが、

自分が働いている職場の私語に対する許容範囲ぐらいは、

なんとなく感じて把握しておくべきでしょう。

これぐらいならまぁ仕方がないな、

と思われるぐらいのレベルの私語でないのであれば、

怒られたり注意されて当然です。

要は度が過ぎてるか過ぎていないかで怒られるかは決まるわけで、

空気を読んだり察したりする能力が低い

ということが言えますので、

仕事中や職場で私語がうるさいと怒られるような人は、

私語だけが問題でなく様々な面で空気が読めなかったり、

雰囲気を察知できない人である可能性が高く、

仕事や業務でも認識や理解力の面で問題が生じやすいかもしれません。

あわせて読みたい
会社の不満や会社の愚痴ばかり言うのに会社を辞めない人は何がしたいのか?
会社の不満や会社の愚痴ばかり言うのに会社を辞めない人は何がしたいのか?会社の不満や会社の愚痴ばかり言う割に会社を辞める気配がない人はいないでしょうか?普通に考えたらそんなに会社の不満や会社の愚痴があるなら、辞めたら?と思ってしまいますよね。会社の不満や会社の愚痴ばかり言うのに辞めない人は何をしたいのか考察していきます。...

仕事中の私語が問題ではなくうるさいことが迷惑

仕事中に私語ばかりしてるのも考え物ではありますが、

私語が問題というよりは、

うるさいことが迷惑であり、

私語ばかりして仕事をしてない人たちが問題です。

うるさいことに関しては仕事の話であっても、

バカみたいにデカい声でされるのは不快ですし、

関係ない人にとっては騒音でしかなくストレスになります。

また、私語ばかりで仕事に影響が出ているのであれば、

もう私語がうるさいとかいう次元の話ではなくただの給料泥棒です。

普通に働いている人たちの邪魔にもなりますし、

不満の原因にもなりますので、

根本的に仕事中の私語の問題点として、

うるさいことと仕事に影響が及ぶことが大きな点としてあるのです。

あわせて読みたい
【声が大きい人】職場の害になる声がでかい人は声がでかいだけで害になる
【声が大きい人】職場にいる声がでかい人は声がでかいだけで害になる声が大きい人・声がでかい人は職場にいないでしょうか?声が大きい人は声がでかいというだけで、同じ職場の人間に不快感を与えたり害を与えたりしています。職場に害をもたらすタイプの声が大きい人・声がでかい人の特徴を紹介しています。...

仕事中や職場の私語は常識や空気を読んで適切に

仕事中の私語は職場内の許容範囲や雰囲気、

相手や周りとの関係性やリアクションなどなど、

常識的な範囲内で行うようにし、

空気を読んだり察しながら必要に応じてしましょう。

私語をする必要がなければ無理にする必要はないわけですし、

会話の流れで軽く私語に繋がることはよくあることなので、

相手や周りに迷惑や不快な思いをさせない程度に、

私語をしたり、私語に付き合うようにすればいいでしょう。

職場や仕事によっては私語と仕事の会話の区別がないようなものもあるでしょうし、

会話から仕事に繋がることもなくはないので、

仕事中や職場の私語を絶対にダメなこととは思いません。

ですが、仕事に悪い影響や周囲に迷惑をかけないような、

配慮は常に私語をする際は必要になるのではないでしょうか。