雑感

夫婦の寝室を別にした理由と夫婦で寝室別にするメリットとは?

夫婦の寝室を別にするべき理由と夫婦で寝室別にするメリットとは?

結婚する前の同棲してからや、

はたまたお互いに家を行き来しているときから、

別々に寝ていました。

最悪でも部屋は同じでも布団は違うという状態でした。

そのようなスタイルで寝ていたので結婚後も、

夫婦の寝室は別で過ごしています。

夫婦の寝室を別にした理由とメリットを紹介します。

そもそも夫婦の寝室別にデメリットがない

夫婦で寝室別だと、仲が悪いのか?と思う人もいますが、

お互いに良い大人ですし、

それぞれが一人暮らしも長目に経験しているので、

基本的に一人で寝ることに慣れているという部分があります。

つまり、仲の良い悪いに関わらず、

一人で寝たいと思っている夫婦もいるわけです。

一緒に寝ている夫婦は特に何も言われないでしょうが、

新婚時から夫婦で別で寝ているとたまに何か言われたりもします。

ですが、生活の中でとても重要な睡眠の場である寝室は、

夫婦が望むスタイルで寝ることがベストです。

寝室を別にすることをお互いで納得したいる夫婦であれば、

別々で寝ることに何も悪い要素はそもそもないのです。

夫婦で寝室別にした理由:寝るタイミングの違い

そもそも人間は寝るタイミングも違えば、

眠るまでの段取りも違いますので、

寝室を別々にしないと邪魔になることがあります。

同じ生活リズムで過ごしていたとしても、

寝るタイミングまでまったく同じには出来ませんので、

ストレスをなくすためにも寝室を分けたほうがいいのです。

夫婦で寝室別にした理由:起きるタイミングの違い

寝るタイミングと同様に、

目が覚めるタイミング、起きるタイミングも違いますよね。

一緒に寝ていると片方が起きたことで、

目が覚めてしまうということが起きます。

自分のタイミングで起きられないと損した気分になりますし、

こちらも睡眠の邪魔になるので寝室を別にすることで避けられます。

夫婦で寝室別にした理由:間取り的に

例えば、ワンルームなら寝室を別にすること無理ですが、

2LDKぐらいかそれ以上の間取りであれば、

物理的に寝室を分けることができますし、

各々の部屋を持つことができます。

希望の部屋を割り当てて、

それぞれが自分の部屋を持てたことで、

自然と寝室も別になったという理由もありますね。

夫婦で寝室別にした理由:布団派とベッド派

単純に布団で寝たい人とベッドで寝たい人の嗜好の差もあります。

また、ベッドも布団も二人分を一つの部屋に置く余裕もないですし、

どちらかが妥協して寝ないといけないぐらいなら、

そもそも別で寝たほうが話が早いですし、

お互いに文句も出ないですから、

俺は布団、私はベッドでそれぞれの部屋で寝る

って結論になるのは自然なことと言えるでしょう。

夫婦で寝室別にした理由:一緒に寝る理由がない

冷静に考えると、別々で寝る理由はお互い浮かんだけど、

一緒に絶対に寝ないといけない理由がなかった

というのは夫婦で寝室別になった大きな理由でしょう。

一緒に寝ることは素敵なことだとは思いますが、

絶対に一緒に寝ないといけない理由ってないんですよね。

物理的に別々で寝られる状況であるならば、

じゃ別に寝ましょうか、と考える夫婦だったのはデカいですね。

夫婦が寝室別のメリット:プライベートを確保

夫婦といえどお互い趣味や嗜好は違いますし、

四六時中一緒にいるのも疲れてしまうので、

寝室を分けたことで自室を持つことができ、

プライベートな空間と時間を確保できるのはデカいです。

個人的には絶対に自分の部屋がないとキツイので、

理解のある家内で良かったなと思います。

夫婦が寝室別のメリット:寝るまでが自由

布団に入った瞬間に寝ることってあまりないですよね?

布団に入って、本を読んだり、音楽を聴いたり、

映画を見たり、ネットをしたりと、

多少のひとり遊びをして眠くなるのを待つ

という流れが一般的ではないでしょうか。

寝室を分けたことで寝るまでのアプローチを、

好きなようにできるし、

夜更かしするのも自由になったのは大きなメリットですね。

夫婦が寝室別のメリット:トイレに行きやすい

夜中や明け方にトイレに行きたくなった際に、

寝室が別々だと気兼ねなく行けます。

意外と一緒に寝ているとトイレに気を遣いますし、

どちらかが行くと目が覚めてしまいます。

トイレが近い身としては、

バンバン気にせずにトイレに行けるのは良いです。

夫婦が寝室別のメリット:体調不良時に楽

体調が悪いときなんて一人でゆっくり寝てたいですし、

放っておいて欲しい部分もありますよね。

一緒に寝ているとそれが難しいですし、

うつしたりうつされたりのリスクもあります。

静かにゆっくり過ごしたいのは体調不良でなくても思うことですから、

寝ることに関しては別々で正解といえるかもしれません。

夫婦が寝室別のメリット:距離を置く逃げ場がある

ケンカをする時もあれば、疲れてる時もありますし、

気分や機嫌が悪い時一人で居たい時もあります。

寝室が別だとこのようなときに距離を置けますし、

クールダウンする間や逃げることもできるわけです。

お互いに一人になる時間は必要な時がありますので、

夫婦が冷静になるためにも、余計なイザコザを生まないためにも、

寝室を別にすることは役に立つことがあるのです。

夫婦で寝室別にすることは結局ウィンウィンになる

夫婦で寝室を別にすることは変なことではなく、

いろいろな面でメリットが多くあると感じます。

実際、一緒に寝ることが重要か?

と問われれば、夜のお勤め以外ではあまり重要ではない気がします。

なぜならスキンシップやコミュニケーションは、

一緒に寝ていなくても出来ることですし、

寝ている時間はお互い意識がないものですから、

一緒に寝る必要性もあまりないんですよね。

むしろストレスや睡眠の質から考えれば別々のが絶対に良いです。

夫婦の心や体の面や、

個人の楽しみやリスク回避などの面から考えても、

夫婦の寝室を別にすることはウィンウィンになる要素の方が、

結局は多いのではないでしょうか。