雑感

働く意欲がないのに生活するため「仕事」に苦悩する日々

働く意欲がないのに生活するため「仕事」に苦悩する日々

働きたい!と感じたことがあまりありません。

働かないと暮らせない!働かないと金がない!

という感情があるので働いていますが、

そもそも、「働く意欲がない」のかもしれません。

働く意欲がないのに働ないといけないと苦悩する日々なのです。

働く意欲がないのが通常の状態

働く意欲があったことがないので、

働く意欲がないのが普通の状態です。

ええ、とんだ意識低い系なんですよ。

常に仕方なく仕事をしているという面を抱えているわけです。

働いて仕事をするからには効率的に良い仕事をしようという気はありますが、

働くことは嫌だなぁという気持ちは常に抱えているわけです。

そりゃ金は欲しいし、働かないといけないこともわかってはいるし、

現に働いてはいるのですが、

どうにも働く意欲ってやつだけは持てないままでいるんですね。

あわせて読みたい
なぜ仕事をするのか?生きることだけ考えたら世の中の仕事に価値などない
なぜ仕事をするのか?生きることだけ考えたら世の中の多くの仕事に価値がないなぜ仕事をするのか?なぜ仕事をしないといけないのか?という思いや考えがふと頭をよぎることはありませんか?よくわからない業務や仕事、会社という組織に属しているとやってる仕事に価値や意味があるのか?と思うことはありますよね。多くの仕事とされているものは生きるという観点から絞り込めば多くのものに意味や価値はないとも言えるのです。...

働く意欲がないのに将来の夢や目標を考えさせられる

働く意欲はないのに、子供のころから将来の夢や目標を考えさせられました。

結局、夢という漠然としたものでもリアルの仕事に繋がらないものだと、

凡人は怒られてしまうわけですよ。

また、進路希望とかも結局は働くことに繋がることですから、

別にしたいこともなりたいものもないから思いつかんわって感じでした。

働く意欲がないからわかりません

なんて、書いたところで通用しないですし怒られますからね。

怒られる理由とか意味は未だに分からないけど。

進路希望とか将来の仕事とか通りになってる奴なんてそうはいないでしょうからね。

夢も希望もたいして持っていなかった子供だったので、

目標がないので漠然と生きてきたわけですよ。

今、昔の自分に言いたいのは食いっぱぐれない資格とか金儲けのこと考えとけ!

ってことぐらいですかね(笑)。

妙に現実に冷めていたというか自分のしょぼさを理解していたので、

働く意欲どころか将来に希望すら抱いていなかったのかもしれません。

あわせて読みたい
就活したくなかったし就職する気もなかったので就活しないで終わった大学生時代を振り返る
就活したくなかったし就職する気もなかったので就活しないを選択した大学生時代の理由就活を一度もしないで大学生活を終えました。当時、就活をしなかった理由は単純に就活がしたくなかったからです。面倒そうだし大変そうな就活をしてしたくもない仕事や会社に就職するのが嫌でした。就活をしなかったことを振り返って就活しなかった理由や就活しなかったことのメリットとデメリットを紹介しています。...

働く意欲がないのに仕事を探すという苦痛

働かないと生きていけないですが、

>働く意欲がないので仕事を探すこと自体も苦痛で大変です。

しかも働く意欲がないくせに仕事が見つからないと焦るしストレスなわけです。

変な常識を持ってしまって働く意欲がないくせに無職を楽しめないわけです。

この自己矛盾にも苦痛を感じますし、

そもそも働く意欲がないのでしたい仕事もないですし、

求人選び放題の高スペックなどではまったくないので、

少ない選択肢の中からマシなものを選ばないといけない苦痛と、

働く意欲がないのに不採用になったりすれば落ち込んでしまうなどの、

二重苦とも言える状態で仕事を探していくという苦痛な日々があります。

働く意欲がないのに仕事が見つからない苦痛

働く意欲がないのは働きたくないからなのではあるのですが、

いざ失業し無職になったり、転職活動をしていく中で、

仕事が見つからない、仕事が決まらない、という状況になると、

働く意欲がないくせにそれはそれで苦痛なわけです。

探している段階でも苦痛を感じつつ、

したくもない仕事を得るために意欲がないのに無理しているのに、

さらに決まらないやら不採用やらの仕打ちを受けるわけですから、

苦痛もさらに倍!みたいに増えていきます。

働く意欲がないくせに仕事が決まると安心してしまう自己矛盾も発揮し、

余計に苦悩をしてしまうことになるのですが、

仕事が決まらないことをむしろ働かないで済む!と喜べないところに、

自分が社会の奴隷なんだな、と冷静に思って悲しくもなるわけです。

あわせて読みたい
無職・ニート期間あるある!失業中の仕事が決まらず辛い無職状態の日々と心理
無職・ニートあるある!失業中の仕事が決まらず辛い無職生活の日々と心理転職先が決まらずに無職生活、ニート生活を送っていた経験があります。仕事を探しているにもかかわらず無職状態、ニート状態だった時に感じたことや似日を無職あるある、ニートあるあるとして紹介しています。失業中の無職やニート状態も辛いものですが、やはり無職やニートな日々に魔力があるようにも感じます。...

働く意欲がないのに仕事をするという苦痛

ようやっと仕事にありつけたらありつけたで、

働く意欲のなさが本領を発揮してきてしまいます。

もうずっと仕事をすることが嫌なわけですよ(笑)。

仕事したくなくてたまらないくせに必死に仕事を探して

必死に食らいついてアピールして、仕事を得たくせに

やっぱ働く意欲ねえわーってことに気がついてしまうわけです。

だからといってすぐに辞めたりもしないしょぼさも持ち余していますし、

自分を偽りながら生活するために何とか仕事をこなすわけです。

まぁまぁただの甘えといわれればそれもそうでしょうし、

これまで努力や働かないで済むようにしてこなかったツケとも言えますが、

働く意欲なんて持ち合わせていないのに、

必死に自分を偽って働いている方も中にはいるのではないでしょうか?

あわせて読みたい
時間を売ることで自分の時間を浪費することに虚しさを感じる
時間を売ることで自分の時間を浪費することに虚しさを感じる時間を売ることに虚しさを感じることがあります。自分の持ち時間がどれぐらいかもわからないのに多くの時間を売ることで時間を失い、少ない自由な時間を手に入れることに虚しさを感じてしまうのです。自分の意思に反して多くの時間を失う割には自分の意志で自由にできる時間が少ないと生きていることが窮屈に感じます。...

働くベースの社会は働く意欲がなくても働かないといけない

働く意欲を持っていないのに労働をしないといけないのは多くの方もそうでしょう。

もの凄い金持ちになるか、社会から離れて生きていくようにしないと、

いわゆる社会でいう労働から逃れられないのではないでしょうか?

本当に心の底から自分自身は労働意欲はないと感じます。

いや、仕事も遅刻しないで行くし、人並みに仕事をこなしはするのですが、

気持ち的にはくそやりたくねえしって思って仕事をしているわけです。

やらないで生きていけるのであればすぐさま辞めてしまうと思いますし、

仕事や働くのが最高だ!と感じたことはないのです(笑)。

ですが、働かないといけない問この社会やシステムの中で生きているので、

生活のために働いてはいますが、

こんな苦痛を感じながらしたくないことに時間を取られる意味はあるのか?

と常に感じてはいるので、働く意欲がない人間なんだろうなと自分自身で強く思うのです。