KSM×LOG|仕事や日々について考えたり感じたことを綴るブログ
仕事

テレワークの服装の正解とは?テレワークの服装は自分が仕事しやすい服でいい

テレワークの服装の正解とは?テレワークの服装は自分が仕事しやすい服でいい

テレワークでの服装事情はどのようなものなのでしょうか。

会社によって、規定やルールが異なることはあるでしょうが、基本的にテレワークでは私服で過ごすことが多いでしょう。

テレワークにおいて服装の正解はあるのか、どのようにテレワークでは服装を考えていけばいいのか、実際にテレワークで働いている経験から解説します。

テレワークの服装に正解はある?

そもそも服装に正解があるかどうかは考え方によるでしょう。

時と場所を選んだ服装という考え方は理解できますが、オフィスワークにおいてスーツが一般的とされている場合に、スーツがオフィスワークにとって最適な服装といえるかどうかは疑問符です。

機能性という面において考えたら、必ずしも制服やスーツで働くことが正かと言えない部分もあるでしょう。

これまでに作られた社会的常識から、スーツが仕事では一般的であり無難な服装となっているだけです。

私服勤務や服装自由な会社も増えてきているのは、このような発想も影響しているでしょう。

つまり、テレワークの服装に関しても、正解はあってないようなものということです。

また、会社がテレワークの服装について規定している場合も、規定であって正解ではないと考えられます。

規程があれば、従わなければいけないでしょうし、規定がないのであれば、自分が仕事しやすい服を選べばいいのです。

あわせて読みたい
仕事の服装は意外と重要!私服勤務の会社員として働いて感じた私服勤務のメリット5選
仕事の服装は意外と重要!私服勤務の会社員として働いて感じた私服勤務のメリット5選会社に勤める、仕事をする上で服装は重要です。仕事探しや転職を考える際も私服勤務や服装自由の会社を条件にというのは何もおかしい事ではありません。私服勤務の会社員を経験して感じた私服勤務のメリットや服装が仕事に与える影響について紹介しています。...

テレワークで服装の規定は基本的にいらない

テレワークの服装規定については、特に在宅勤務であれば必要がないと個人的には思います。

簡単に言えば、自宅にいるのに服装に口出してくるんじゃねえよってことですね。

同じようなもので、髪型や髭なども会社や職種によっては禁止ということもありますが、正直言ってどうでもいいじゃないかなという感想を抱きます。

髪型や髭は印象という部分で影響があるのかもしれませんが、髪が長いからダメ、髭はダメ!と言っている会社や人に対しての方が、なんかヤバいなぁという印象を抱いてしまう気もします。

まぁそれぞれ考え方や価値観の部分になってしまうのでこれらは置いておいたとしても、テレワークの服装規定は基本的にいらないと思います。

なぜ、基本的にかというと、外部との人間や顧客とのやりとりがテレワークや在宅勤務でも、発生することがあるので、その時だけは、相手に合わせた服装にしておいた方が無難だろうという観点です。

自宅でのオンライン面接のときに、一応スーツないしそれ相応の服装で臨むといったのと同じように、相手に合わせた服装が必要な際は、そうしておく方がいいかなと思います。

あわせて読みたい
会社でのスーツ着用の義務やスーツ強制は「野球部は坊主」ぐらいの無駄じゃない?
なぜ会社はスーツなの?会社でのスーツ着用の義務やスーツ強制は「野球部は坊主」ぐらいの無駄じゃない?会社ではスーツ、仕事はスーツで行うことを根拠もなく当たり前となっている会社が多くはないでしょうか。なぜスーツ着用を義務化しスーツ着用を強制する必要があるのでしょうか。根拠も目的もなく仕事へのメリットもないようなスーツ着用の義務や強制は野球部は坊主にするといったことぐらいに無意味なことではないでしょうか?...

テレワークの服装は仕事と自分に合ったものでいい

結論から言えば、テレワークの服装は仕事と自分に合ったものでいいということです。

営業職であれば、オンライン商談なども多いでしょうから、ビジネスライクな服装の方が適しているともいえるでしょうし、外部と関わらないような仕事であれば、どのような服装でも問題ありません。

もっといえば、パジャマやパンツ一丁、いや服すら気なくてもテレワークで在宅勤務であれば、できる仕事もありますし、それらが自分には適しているという人もいるはずです。

服装規定がないのであれば、テレワークでは、自分が仕事をしやすい服装でいいわけです。

快適に仕事ができる環境を用意するのが、テレワークや在宅勤務では重要ですので、作業環境と同じく、自分がパフォーマンスを発揮しやすい服装であれば、何でもいいのではないでしょうか。

あわせて読みたい
在宅勤務の良い点10個!実際に在宅勤務で快適に感じた部分
在宅勤務の良い点10個!実際に在宅勤務で快適に感じた部分在宅勤務の良い点を感じることが多いぐらいに在宅勤務で快適に仕事がおこなえています。通勤やオフィスワークでは味わうことができなかった在宅勤務の良い点を10個紹介します。在宅勤務がすべての面で良いとは言いませんが、在宅勤務ならではの良さがあるのではないでしょうか。...

テレワークに限らず服装は仕事や体調に影響する

テレワークに限らず服装が与える影響というものはあまり考えられていません。

パフォーマンスを発揮しやすい服装であれば、ストレスや疲労の軽減につながるので、業務効率にも影響を及ぼすこともあります。

また、少し体調が悪い、暑い寒いなどの調節が服装に規定があると自由にできない場合があります。

謎の縛りプレイをしたがる妙な規定やルールは多くありますが、服装もそのひとつと考えられるのではないでしょうか。

とくに、オフィスワークで社内の人間としか相対することがないのに、スーツでないといけないなんていうのは愚の骨頂でしょうし、スーツである必要性がほぼないといえます。

楽な服装でいるだけでいろいろな面でも動きやすいですし、身も心も軽くなる部分があると働いている中で感じることがありました。

スーツがダメというわけではなく、スーツで働くことでこのような感覚を得られる方はスーツで働けばいいですし、そうでないのであれば、自分に適した服装で働ける状況になることが望ましいと思います。

そして、テレワークは、自分に適した服装で働きやすい環境であるといえるので、各々が自由に服装をチョイスして働くことに多くの場合で問題がないと考えられるのではないでしょうか。

あわせて読みたい
古い体質の会社と考えてもいい時代遅れで古い体質な働きにくい会社の特徴
古い体質の会社と考えてもいい時代遅れで古い体質な働きにくい会社の特徴古い体質の会社というのは、令和になった今でもあります。また、古い体質の会社は必ずしも古い会社がそうであるわけではなく、新しい会社やITベンチャーを自称している会社であっても古い体質の会社というのがあるのです。あらゆる面で古い体質の会社は働きにくい部分があるので古い体質の会社の特徴を紹介します。...

テレワークの服装は自由で問題ない

テレワークでの服装は自由で問題はないでしょう。

テレワーク中にもスーツや制服を着ろ、なんて企業はそもそもテレワークすら導入しないのでは?とすら思います。

これまで当たり前とされてきたことは、たとえ意味がなく間違ってるようなことでも常識とされ正しいこととされがちですが、このようなことは会社では多いですし、それぞれの会社独自のものもあります。

テレワークは新しい働き方のひとつと言えますので、これまでの考え方に縛られずに服装は基本的に自由でいいのではないでしょうか。

突き詰めていけば、効率よく快適に働けることが重要なのであってテレワークやオフィスワークなど働き方を問わず、服装はもちろん、あらゆる部分にある決まりや常識から脱却することがより今後は求められるのかもしれません。