仕事

退職を引き止められたらどうする?しつこい退職の引き止めからキレイに退職する心得と対策

退職を引き止められたらどうする?しつこい退職の引き止めからキレイに退職する心得と対策

退職をすることを告げたときに、

会社や上司から退職の引き止めに遭うことがあります。

退職を引き止められて退職を頓挫してしまう、

という方もいるようです。

ですが、退職を告げた際に引き止められても退職はできます。

引き止めに屈するのは、あなたの退職の伝え方や段取りに原因があるのです。

退職を引き止めるのは面倒だから

そもそも会社や上司が、退職を引き止める理由は、

あなたが抜けた後が面倒だ、と感じているからです。

それなりにあなたを買っているとも言えなくはないですが、

面倒だから、が一番の理由だと覚えておきましょう。

あなたが抜けた後の、後任探し、採用活動、業務や組織変更、

これまで通りだった部分が変わることで、

面倒になるな、という考えから引き止めているのです。

あわせて読みたい
理由や兆候は?なぜ先にまともな人や優秀な社員から会社を辞めていくのか
まともな人や優秀な社員から先に会社を辞めていく理由や兆候とは?問題がある会社は特に優秀な社員やまともな人が先に辞めていく傾向があります。なぜ優秀な社員やまともな人が先に辞めていくことになるのかという理由を紹介しています。また、優秀な社員やまともな人が先に辞めていくことで会社そのもののリスクを感じ取り、自分自身の進退やキャリアプランを見直す切っ掛けにもなるので、思い当たる方は考えてみましょう。...

退職を引き止めさせる隙を与えない

退職を引き止めさせてしまうのは、

あなた自身に隙があるからです。

これならどうだ?こうなったら考えなおすか?

などの付け入る隙を与えないようにしましょう。

口から出まかせでも嘘でもいいので、

相手が出してくる条件よりすべて上回ってることを言ったり、

退職理由を聞かれても、

会社が対応しようがない理由を事実ではなくても言いましょう。

会社として退職を引き止めることが無理だ

ということをわからすようにすることが重要です。

あわせて読みたい
【仕事辞めたいと思ったら】最低限、仕事を辞める前に考えておきたい5つのこと
【仕事辞めたいと思ったら】最低限、仕事を辞める前に考えておきたい5つのこと仕事辞めたい、今の仕事を辞めたいなぁとストレスや不満、将来を考えると思うこともあるでしょう。仕事辞めたいという思いが芽生えたら、一度しっかりと仕事を辞めることを考えてみる必要があります。冷静に考えた後も仕事を辞めたいという意思が変わらない場合に、最低限考えたおくべき5つのことを紹介しています。...

退職を引き止める余地がないスケジュールで動く

退職をするには2週間前に伝えるなどのルールがあると思います。

会社によっては、定めている期間があるでしょうが、

1ヶ月前には伝えればほぼ問題ないでしょう。

あらかじめ有給休暇の残りなども計算して、

何月何日を最終出勤日として有給消化に入って、

退職したいです。

とはっきりと退職を告げた際に、スケジュールまで提示することで、

相手も退職を引き止める、という発想よりも、

スケジュール調整の方に意識が傾きますので、

退職をするスケジュールを先に段取りしておきましょう。

あわせて読みたい
まずは一手先でいい!仕事の先を読んで行動すれば仕事ができる印象を与えられる!
まずは一手先でいい!仕事の先を読んで行動すれば仕事ができる印象を与えられる!仕事を行う上で、先を読むことは大切です。先を読みながら仕事をすることは急にできることではありませんが、まずは一手先でいいから先を読む努力をしてみましょう。一手先でも読みながら仕事を進めていくことができると相手にも自分にも良い影響や結果に繋がります。...

退職しようと思ってますは絶対に言わない

退職を引き止められる方は、

退職します!とはっきり伝えていない方ではないでしょうか?

例えば、相談のように退職の話をしたり、

退職しようと思ってるんですがいいでしょうか?

とお伺いを立てるような伝え方をしていませんか?

退職するのはあなたの意志ひとつですし自由です。

会社からダメだ!と言われる筋合いはないのです。

退職しようと思います、では思ってるだけで決まってないんだな?

と捉えられても仕方がありません。

また、退職して良いでしょうか?と伺うということは、

ダメと相手が言って来たらしない、という解釈もできます。

本当に退職したいなら曖昧な表現を使って、

退職を引き止める隙を与えないようにしましょう。

あわせて読みたい
【退職濃厚】仕事辞めたいオーラ全開の確実に仕事を辞める決意をした人の10個の特徴!
【退職決意】本当に仕事を辞める決意をした仕事辞めたいオーラ全開の人の10個の特徴!会社や仕事を辞めることが決まった人や辞める決意をした退職濃厚、退職確実な人にはある特徴があります。今の仕事を辞めたいと考えたり、転職を検討したり、転職が決まった人によく見られる10個の特徴を紹介しています。...

退職するという決定事項として伝える

退職を伝える際は、

退職することが決定事項ということを前提に伝えましょう。

もう決まっているのでその通りに調整してくださいよ

というぐらいの心持でいましょう。

むしろ決定事項に対して引き止めすんの?

ぐらいの感じで大きく構えていればいいわけです。

退職を決定事項のようにするには、

退職までのスケジュールを先に明示し、

会社側が付け入る隙を与えない状態を作っておけば大丈夫です。

バカ正直に転職先は決まってないんですよとか、

転職先はここです!とか余計な情報を与えないようにしましょう。

情報を与えることは隙を与えることと同じです。

会社には退職するという意思と事実だけを伝えればいいので、

それ以外の余計なことは言わないことを意識しましょう。

あわせて読みたい
【会社を休む連絡】有無を言わさず会社を休むための電話やメールでの言い方・伝え方
【会社を休む連絡】有無を言わさず会社を休むための電話やメールでの言い方・伝え方欠勤する場合には会社に休む連絡をする必要があることでしょう。ですが、会社を休みたいのに連絡が下手だとパッと休むことができないことがあったり、面倒な感じになってしまうことがあります。会社を休む連絡をする際に有無を言わさずに会社を休むことを伝える方法を電話やメールなどの文書での連絡に分けて紹介しています。...

どのような退職の引き止め方でも相手にしない

退職の引き止め方としては、何種類かパターンがあります。

例えば、

  • 必要な人材だという人情アピール
  • 待遇改善するという嘘八百の誘惑
  • 何か物を買い与えたりして恩を着せる
  • 退職日を延期してずるずるにする作戦
  • むしろ逆効果でしかない脅し

などが、大きく考えられる引き止めのパターンです。

情に訴えてきても、知らんわで済みますし、

待遇改善するという言葉も辞めるって言ったらなんか嘘言ってきた(笑)

で間違いないですし、

物を与えて恩を着せてくるとか、勝手にくれたんだからで、

気にしないでいいし、

延期してくれは、突っぱねるか常識の範囲内であれば応じればいいし、

ここ以外では通用しないぞ!的な脅しなんて、

むしろ退職を決めて良かったわ、という後押しにしかならないですので、

どのような退職の引き止め方をされようが、

気にしないで退職するという強い意識をもって粛々と進めましょう。

あわせて読みたい
部下の退職が止まらない!部下を退職させてしまう原因になる上司の特徴10選!
部下の退職が止まらない!部下を退職させてしまう原因になる上司の特徴10選!部下が退職していってしまう、部下の退職が連鎖し止まらない原因は、上司の人物や能力が問題になっている場合があります。部下が退職していってしまう原因となる特徴を持っている上司について解説しています。上司と部下の関係性は働くうえで重要な部分ですが、退職の原因としても大きな要素を持っています。...

退職の引き止め対策は退職するという強い意志

退職の引き止めを心配する必要はないと思います。

退職を引き止められても、退職することはできますからね。

むしろ引き止められるような伝え方や段取りをしてしまうのは、

あなた自身に迷いや未練があるのではないでしょうか?

迷いや未練があるぐらいなら退職しようとしないことです。

退職をするのはあなた自身であって、

会社は退職するという部分においては無関係です。

あくまで会社には退職を伝えるだけでしかありません。

引き止められて躊躇する引き止められて考え直す

というようであれば、

最初から引き止められることを期待していたのでは?

と思ってしまいます。

引き止めプレイをしたいなら勝手にしておけばいいですが、

本気で退職したいと考えているならば、

引き止めをさせない引き止めを相手にしない

という確固たる退職の意志を持って行うように心得ましょう。

また、同時に強い退職の意志こそが退職を引き止める最大の対策にもなるのです。