仕事

無能な面接官への最適化が採用されるには必要なこともある

無能な面接官への最適化が採用されるには必要なこともある

転職活動をしていると、本命ではない求人も場合によっては受けることがありますし、

求人情報では魅力的に見えても、面接を受けてみたら微妙。

ということも多々あります。

面接を通して得る印象や情報は仕事を決める際に重要な要素ですが、

無能な面接官と相対さないといけないこともよくありますが、

無能であっても面接官とのやり取りが合否に関わるので最適化が必要なこともあるのです。

無能な面接官はいる

やはりそれなりに社会経験を積んでいくと、

あれ?この人は説明下手だなとか、的外れなことばかり言っているなとか、

礼節や常識外れなことを言ったりやったりしているなと、見えてくる部分があります。

それが自分を審査する面接官であっても感じる部分はあるのです。

嫌な面接官や意地悪な面接官とはまた違って、

無能な面接官というジャンルがあるのではないか?という感じに、

こいつよく面接官をやる立場になってるなー、と思わせてくれる、

面接官として無能な人間に出くわすことも少なくはないのです。

面接官が無能でも仕事や企業に魅力がある場合

仕事や企業に魅力がある場合は、面接官が無能であると感じても、

グッと堪えて面接に臨んだほうがいいこともあります。

もし入社したとしてもその面接官と一緒に仕事するような立場でないなら、

なおさら、無能だと感じた面接官への最適化を意識したほうがいいでしょう。

確かに、面接官が無能だとこの会社大丈夫か?と感じることもありますが、

とりあえず面接まで進んだ場合は受かっておいて損はないので、

受かるように努力しておいたほうが何か都合が良いものです。

もちろん、無能な面接官だと舐めないで、好印象を得るようにしましょう。

無能な面接官が経営者や上司になる可能性がある場合

会社の規模や担当面接官によっては、

採用された場合に、面接官と密接に関わらないといけないこともあります。

業務上やりとりが発生する相手が面接官であって、

無能だと感じてしまう場合は、いざ仕事が始まった際にも、

いろいろとストレスを感じることが予想されますし、

思ってたのと違ったり、レベルが低い、考えが合わない、などなど、

長く勤めていけない可能性があります。

カンタンに言えば、こいつ仕事できねえ無能だなと感じる人と、

一緒に仕事をすることになったら、

高い確率でどうなるか?

って視点で考えればいいだけの話ですので、

よっぽど条件が良いとか、無能相手でもなんとかなるって思わない限りは、

その会社を辞退する要因として考えておいてもいいかもしれません。

無能な面接官かどうか決めるのは自分の感覚

無能な面接官の特徴はいろいろ挙げていけばキリがないのですが、

面接を受ける自分がどう感じるかが一番重要です。

感覚の話になってしまうのですが、

面接や会社の雰囲気を見て、なんかないわって根拠はなくても感じるようであれば、

あながち間違ったものでもないというのが経験則としてあります。

違和感を感じると入社後にその違和感はどんどん大きくなりますし、

無能だと感じた人は、無能である可能性の方が高いです。

あくまで個人の感覚の部分ですので、妥協する場合もあるでしょうし、

人によっては無能と感じるポイントも異なることもあると思います。

ですが、どこの会社で働くにしても、

最後は自分が働くかどうかを決めるわけですので、

のっぴきならない事情や背に腹は代えられないという場合でない限りは、

いつだって自分の感覚で決めていると言っても過言ではないのです。

無能な面接官への最適化が必要な理由

無能な面接官であれば見切ればいいじゃないと思うでしょうが

無能な面接官へ最適化は必要です。

といいますか、無能でなくても面接官への最適化は採用において大事だからです。

ハッキリ言って、面接官のレベルにこちらが合わせなければ、

どの場合であっても基本的には採用に繋がりにくいという部分があります。

仮に面接官がついてこれないほど、高尚な話や面接官を凌駕したとしても、

相手が理解できないのであれば、採用されないこともあります。

面接官が無能であれば、無能のアホにもわかるようにする必要がありますし、

無能には無能用のギアを入れて面接に臨むという部分も必要になるのです。

もう面接開始の段階で見切ってる場合はいいですが、

わざわざ面接に来てしまっているので無駄にしないように最適化に取り組むと良いと思います。

面接はひとりでは作り上げられない

面接官を無能呼ばわりするのは良いこととは言いませんが、

無能な面接官もいるのは事実です。

なんだその質問?とか、なんだそのリアクションや解答は?

ってこっちに思わせてくる面接官もいるのです。

ですが、面接は一人では作り上げられません。

面接官と求職者がうまく噛み合わないと、

本当に無駄な時間になってしまうだけになります。

ですから、面接官が無能であっても有能であっても、

相対する面接官に合うようにするという意識は必要になります。

確かに、なんでもかんでも合わせれば良いものではないですし、

自分をアピールする必要性もあるのですが、

相手がわかる範囲であったり、相手に合わせた雰囲気や空気感を、

こちら側が察知し最適化していかなければ、

うまくいってるようでいっていない微妙な感じになってしまうのです。

相手の面接官も求職者に合わせてくる場合もありますし、

お互いに理解し合う努力をすることを考えなければ、

面接をする意味なんてなにひとつもないということです。