仕事

在職中にも転職活動をすべき!むしろ在職中に転職しないでいつするの?

在職中にも転職活動をすべき!むしろ在職中に転職しないでいつするの?

転職活動をするタイミングは、

退職してからか在職中に探すか、のどちらかではないでしょうか。

退職して無職になってからの転職活動も、

在職中で働きながらの転職活動も両方とも経験してきましたが、

在職中に転職活動はすべきだなと感じた理由を紹介します。

在職中でも隙あれば転職活動をすべき

在職中は転職活動をしないのは勿体ないことです。

確かに在職中は転職のことを考えないという方は多いでしょう。

考え出すとしても、不満やストレスを感じ出してからかもしれません。

ですが、在職中でも隙あれば転職活動をしておくべきです。

今の会社がずっと安泰である保証はないですし、

いざ無職になってからの転職活動は想像以上に厳しくなる可能性もあります。

また、転職とは職や職場を変えることを意味していますので、

在職中に転職活動をすること前提の言葉ではないでしょうかね。

無職から仕事を決めても転職というか再就職ですからね(笑)。

あわせて読みたい
無職・ニート期間あるある!失業中の仕事が決まらず辛い無職状態の日々と心理
無職・ニートあるある!失業中の仕事が決まらず辛い無職生活の日々と心理転職先が決まらずに無職生活、ニート生活を送っていた経験があります。仕事を探しているにもかかわらず無職状態、ニート状態だった時に感じたことや似日を無職あるある、ニートあるあるとして紹介しています。失業中の無職やニート状態も辛いものですが、やはり無職やニートな日々に魔力があるようにも感じます。...

在職中で転職活動をする気なくても求人は見るべき

在職中だからと言って、転職活動をしないのは勿体ないと言いましたが、

転職活動と言っても、実際に受けるというだけじゃありません。

例えば、

  • 求人サイトに登録する
  • 自分の情報を更新・追記する
  • 求人を探す・見る
  • 書籍などでの情報収集

というだけでも、軽い転職活動と言えるでしょう。

せめて、求人情報は転職する気がなくても見ておくと良いと思います。

なぜなら、求人情報は生ものであって、

出会いやタイミングによる、という部分はあるからです。

転職する気がないと思っていても、

そのタイミングでものすごく魅力的な求人があるかもしれません。

転職したい!と思っていても、

まったく転職したいと思えない求人ばかりかもしれません。

自分の気持ちに関係なく求人情報は生もので変化していきます。

ですから、定期的に求人情報だけは確認することをオススメします。

あわせて読みたい
転職したいと思う10個の時
【転職したい時】今の仕事から転職したいなと思ってしまうとき10選!仕事をしていて、ふと転職を意識したり、転職を考えてしまうような、転職したくなる時10選を紹介しています。今の仕事よりより良い仕事を求めるのは普通のことです。少しでも転職したいなと思ったことがある方は、転職について一度考えてみたらいかがでしょうか。...

在職中の転職活動の方がいろいろ気楽で良い

切羽詰まった退職後の失業中の転職活動よりも、

在職中の転職活動の方が精神的な余裕はかなりデカいです。

よっぽど今の会社を今すぐ辞めたい!と思っていないのであれば、

まぁ、良いのあったら決まればいいなってのが、

基本的なスタンスになるので焦りみたいなものがありません。

また、不採用になったとしても精神的ダメージは少ないです。

失業中の転職活動は経済的な焦りや苦しみも付きまといますが、

在職中ですので、経済的な焦りや苦しみがないので、

この苦しい思いをしないで済むのはとても大きなメリットです。

在職中の転職活動の方がいろいろな面で気楽に行えます。

変な気負いがないことで、むしろ勝率が良かったりもします。

あわせて読みたい
【仕事辞めたいと思ったら】最低限、仕事を辞める前に考えておきたい5つのこと
【仕事辞めたいと思ったら】最低限、仕事を辞める前に考えておきたい5つのこと仕事辞めたい、今の仕事を辞めたいなぁとストレスや不満、将来を考えると思うこともあるでしょう。仕事辞めたいという思いが芽生えたら、一度しっかりと仕事を辞めることを考えてみる必要があります。冷静に考えた後も仕事を辞めたいという意思が変わらない場合に、最低限考えたおくべき5つのことを紹介しています。...

退職後よりも在職中の転職活動の方が融通が利く

在職中の転職活動って動きにくいんじゃないの?

って感じる方がいるでしょうが、

意外と在職中の転職活動の方が融通が利きやすいです。

例えば、在職中なので19時以降でお願いしますとか、

私服勤務なので私服でお伺いすることになってしまいます。

というような事情や条件を、

相手方も在職中だし、仕方ない問題ないですよ!と、

聞き入れてくれることが多くなります。

また、こちらも遠くに面接ということでないのであれば、

1時間、2時間、遅刻して出社や、半休を使ったり、

有給休暇で休んでしまうなどで、対応ができますので、

動けないということは特にはありません。

在職中の転職活動の方が精神的な余裕があるので、

こちらのフットワークも軽くなったり、

相手に対して要望なども伝えやすくなるということもありますね。

あわせて読みたい
失業後は無気力でニート期間がある?失業中にニート・引きこもり期間ができる理由
退職後・失業後は無気力で無職・ニート期間がある?失業中に引きこもり期間ができる理由仕事が決まっていない状態で退職をすると失業期間というものが当然できます。失業期間に転職活動をしなるべく早く仕事を見つけるということが多くの人が望むことでしょうが、失業中にニート期間や引きこもり期間ができてしまう場合があります。失業中のニート期間や引きこもり期間がなぜ起こるのか、転職活動などにどのような影響があるかを考察しています。...

退職し無職になっての転職活動は在職中より辛い

退職して無職になって転職活動の方がキレイな気もしますが、

無職状態の転職活動の決まるまでの辛さは、

在職中の転職活動の比ではないぐらい大きくなります。

すこぶる市場価値があって、

すぐ決まるような引く手あまたな方なら退職後でいいでしょうが、

多くの方がすぐに転職先が決まるわけではありませんよね。

また、転職活動が長くなればなるほど、

無職状態であると精神的にも経済的にも辛くなってきます。

退職してから探せば大丈夫でしょ!

と思っていてもうまく行かない可能性を考慮して、

在職中に転職活動を始めておいた方が無難です。

あわせて読みたい
転職活動で心が折れそうになるとき・実際に転職活動で心が折れたとき10選!
転職活動で心が折れそうになるとき・実際に転職活動で心が折れたとき10選!転職活動が長く続いたり、うまくいかないと心が折れてしまいそうになるときがあります。転職活動を通じて心が折れそうになる出来事や実際に心が折れてしまうような出来事を紹介しています。転職活動がうまくいかないと想像以上に不安ですしストレスになり絶望してしまいます。転職活動で心が折れる原因となることとはどのようなことなのでしょうか。...

現職に不満がなくてもより良い求人があれば受ける

現状に不満がなくても、現状より良い求人があるかもしれません。

今より給料がかなり良い、今より休日がかなり多い、

勤務スタイルが自由とか、勤務時間が短いけど給料は今と同じ、

のような、様々な角度から現状より良い会社や仕事と出会えることがあります。

在職しているからといって、そのチャンスを逃すのは勿体ないですし、

在職しているからこそ、現状より良い会社に行く

というのが自然な転職の動機ではないでしょうか。

在職していて不満も特にないから転職活動をしない!

というのではなく、

在職しながら現状より良いところはないかな?

という視点で、転職活動を始めてみましょう。

今より良いところがあって受かれば転職すればいいわけで、

在職してるからというだけの理由で受けすらしない

ってのは、機会損失なだけです。

在職中だからこそ余計なことを考えずに良いところがあれば、

とりあえず応募だけしておくか!ってスタンスのがいいと思います。

あわせて読みたい
【会社の選び方】転職の会社選びで意外と忘れがちな7つの基準とポイント!
【会社の選び方】転職の会社選びで意外と忘れがちな7つの基準とポイント!転職活動をしていると給与や勤務時間、休日、職種、という部分を会社選びのメインに意識してしまいがちです。また、思うように転職先が決まらない場合は焦りも出て会社選びで失敗してしまうこともあります。会社の選び方で意外と忘れがちな基準やポイントを紹介しています。...

在職中に転職活動するもんでしょ!今でしょ!

逆に在職中に転職を決める、転職活動をする、

というか、しておくのが普通じゃないでしょうかね?

退職理由はいろいろあるでしょうが、

自分で辞めると決めるなり、会社から辞めろと言われたとしても、

大体、1か月は期間があるものです。

もう退職を決めた段階退職を告げられた段階で、

転職活動を始めるでしょ!在職中に転職活動するもんでしょ!

って思います(笑)。

在職中に転職活動しないでいつするの?今でしょ!

というような感じですね(笑)。

リスクという面で考えても在職中に転職活動をしたほうが低いですし、

在職中にの転職活動がデメリットなることはほぼないでしょう。

在職中の場合は、返答までの時間も多く取ってくれたり、

入社日も余裕を持たしてくれるので、

無職状態の転職活動よりじっくりと考えて選ぶこともできます。

リスクも低く、転職活動を少ないストレスで行えて、

なおかつ熟考できる時間や選択の幅を広げてくれるので、

転職を考えている方は、在職中から転職活動をすることが、

総合的に考えても、実体験からも良いと思います。