仕事

転職活動で心が折れそうになるとき・実際に転職活動で心が折れたとき10選!

転職活動で心が折れそうになるとき・実際に転職活動で心が折れたとき10選!

転職活動で希望の仕事が決まらなかったり、

仕事自体が見つからない、選考がうまくいっていない状態だと、

心が折れそうになったり、実際に心が折れてしまうことがあります。

転職活動で心が折れる要因になる出来事10選を紹介します。

転職活動で心が折れるとき:希望の求人が皆無

いざ転職活動を始めようと思い立って、

様々な媒体や手段で求人を探し出したときに、

希望の求人が全然ない!という状態にぶち当たると、

出鼻をくじかれたような気になり、心が折れてしまいそうになります。

そもそも応募する求人がないなんてヤバいじゃんという焦りにもなりますし、

最初から応募するものがなかったり、条件で絞った結果まったく該当なし

という現実を目の当たりにすると希望を失い、不安だけが強まっていきます。

あわせて読みたい
なぜ仕事をするのか?生きることだけ考えたら世の中の仕事に価値などない
なぜ仕事をするのか?生きることだけ考えたら世の中の多くの仕事に価値がないなぜ仕事をするのか?なぜ仕事をしないといけないのか?という思いや考えがふと頭をよぎることはありませんか?よくわからない業務や仕事、会社という組織に属しているとやってる仕事に価値や意味があるのか?と思うことはありますよね。多くの仕事とされているものは生きるという観点から絞り込めば多くのものに意味や価値はないとも言えるのです。...

転職活動で心が折れるとき:的外れなスカウトばかり来る

転職サイトや転職サービス、エージェントを使用していて、

条件の設定を希望を伝えていたとしても、

なんでこのスカウトや通知が俺に来るんだ?という求人や職種、

企業からのスカウトばっかりになることはないでしょうか。

希望もしていないし、やろうという気がない求人のスカウトばかりで、

やりたいものや希望のものからの音沙汰や反応が全くない状態だと、

自分が考えている仕事に就けないのかな?と心が折れそうになります。

あわせて読みたい
飲み会で仕事の話をするな!飲み会での仕事の話は面白くなければ酒を不味くさせるだけ!
飲み会で仕事の話をするな!飲み会での仕事の話は面白くなければ酒を不味くさせるだけ!飲み会で仕事の話をされるのって嫌じゃないですか?会社の飲み会、友達の飲み会、いろいろな飲み会がありますが、どの飲み会であっても仕事の話をされると興ざめです。会社の飲み会で仕事の話は仕方ないでしょ、という方もいると思いますが、飲み会や酒の席で面白くもなく酒を不味くさせるだけのような仕事の話は基本不要でしょう。...

転職活動で心が折れるとき:応募資格有りが少ない

求人には経験や資格などから応募資格が設定されているものもあります。

記載されている経験がないからと応募してはいけないというわけではないでしょうし、

資格を満たしていなくても合格したという方もいるとは思います。

ですが、希望や興味がある求人の応募資格を見た際に、

自分がそれを満たしていないものばかりだ、という状態になると、

自分はそもそも市場価値がないんじゃないか?

希望している仕事に就くには自分は相応しくないのではないか?と、

応募する前から諦めムードになり心が折れてしまいます。

あわせて読みたい
会社でのスーツ着用の義務やスーツ強制は「野球部は坊主」ぐらいの無駄じゃない?
なぜ会社はスーツなの?会社でのスーツ着用の義務やスーツ強制は「野球部は坊主」ぐらいの無駄じゃない?会社ではスーツ、仕事はスーツで行うことを根拠もなく当たり前となっている会社が多くはないでしょうか。なぜスーツ着用を義務化しスーツ着用を強制する必要があるのでしょうか。根拠も目的もなく仕事へのメリットもないようなスーツ着用の義務や強制は野球部は坊主にするといったことぐらいに無意味なことではないでしょうか?...

転職活動で心が折れるとき:現状や前の会社より条件が低い

転職活動をしようと思う理由は様々でしょうが、

現状や前の会社よりは待遇面や環境が良い会社を求めていることでしょう。

例えば、給与が高いとか休日が多いとか福利厚生が良いなどなど、

不満や悩みであった部分を転職で解決したいと考えるものです。

ですが、いざ転職活動を始めて条件に合う求人や紹介された求人が、

現状や前の会社よりも良いと感じられるものがない場合は、

えっわざわざ今より悪いところに行かないといけないの?と、

意欲も削がれますし、後悔に繋がり心が折れてしまうでしょう。

あわせて読みたい
【会社の選び方】転職の会社選びで意外と忘れがちな7つの基準とポイント!
【会社の選び方】転職の会社選びで意外と忘れがちな7つの基準とポイント!転職活動をしていると給与や勤務時間、休日、職種、という部分を会社選びのメインに意識してしまいがちです。また、思うように転職先が決まらない場合は焦りも出て会社選びで失敗してしまうこともあります。会社の選び方で意外と忘れがちな基準やポイントを紹介しています。...

転職活動で心が折れるとき:書類選考で落ちまくり

求人に応募した多くの場合で書類選考が行われますよね。

書類選考を通過して面接やテストなどを経て内定となる流れが一般的ですが、

書類選考に通過しないで落ちまくると、

ある意味で選考のスタートラインにすら立てていない状態、とも言えます。

スタートラインに立つ前に、

はい、君はダメー!と言われているようなもので、

書類選考に落ちまくってしまうと、自分がダメな気がして心が折れてしまいます。

あわせて読みたい
転職活動する前に転職したい理由・転職が必要な理由を明確に考えよう!
転職活動する前に転職したい理由・転職が必要な理由を明確に考えよう!転職することが珍しくない時代になっていますが、転職活動をする前に、転職したい理由、転職しなければならない理由を自分の中で明確にしておきましょう。転職活動を始めるにあたって転職理由を明確にする重要性や必要性を解説しています。...

転職活動で心が折れるとき:面接は多いが決まらず自信喪失

書類選考が落ちまくってもショックではありますが、

やはり転職活動で心が折れるのは、面接で落ちてしまうことが続くときです。

書類選考の場合は、機械的に半分自動化して落ちたと知るだけですが、

面接になると直接会って話をした結果ですから、相手の顔や雰囲気もわかりますし、

良い感じだったのになんでやねん!と憤ったり、

面接の段階で手応えなし感があったり、面接官が小馬鹿にしてる感じがしたり、

いろいろな感情がわいてしまい、心が折れてしまいます。

また、面接は多いのに決まらないというのは、

スケジュール的には忙しかったりして、疲労も増しているので、

書類選考で落ちるときより、身体的にも精神的にもダメージが大きくなります。

あわせて読みたい
【何も考えない方法】仕事や人生など何も考えたくないと思ったら試したい8つのこと!
【何も考えない方法】仕事や人生など何も考えたくないと思ったら試したい8つの対処法!何も考えたくないと思ってしまう時はありませんか?おそらく仕事や生活、人生などで悩みやストレスなど問題を抱えているときに、ふともう何も考えたくない!と思ってしまうことはありますよね。何も考えない方法や何も考えたくないと思ったときにしておきたい対処法を紹介しています。何も考えたくないという思いは現実逃避などではなくこれからも現実と向き合うために自分を回復させるきっかけを与えてくれる感情です。...

転職活動で心が折れるとき:会社の悪い情報を目にする

応募しようと思った企業やスカウトが来た企業、

書類選考が通過した会社、面接を終えた会社などを、

検索した結果、ブラックだとか、負の情報ばかりが目に付くと、

不安になりますし、応募を取りやめたり、内定辞退をしたりと、

転職活動にブレーキをかけてしまうことがあります。

結果的にはその情報を見て辞めておいて良かったのかもしれなかったり、

助かったということになることもあるのですが、

自分が見てる求人の会社が悪い情報ばかりが出るものが続くと、

マシなとこや良いところへの転職が不可能な気になって心が折れていきます。

あわせて読みたい
会社が嘘をつきだしたら終わり!なぜダメな会社の経営者は嘘ばかりつくのか?
会社が嘘をつきだしたら終わり!なぜダメな会社の経営者は嘘ばかりつくのか?会社の事業や経営がうまくいかなくなると会社の経営者が社内、社外を問わずに嘘をつきだします。なぜダメな会社は嘘ばかりつくようになってしまうのでしょうか。ダメな会社の経営者が嘘をつく目的、嘘をつき続ける理由について考察しています。...

転職活動で心が折れるとき:社会から不要な気がしてくる

不採用が続いたり、自分が求めている仕事がない状況から、

自分が社会に必要がないのではないか?という気持ちになります。

また、失業中は生活が不規則になったり、

働いているときよりは自堕落になってしまうものです。

世間様は仕事しているのに、自分はしていないという気になったり、

収入がないのに買い物や家賃などでお金を失っていくと、

説明できない罪悪感みたいなものに襲われて、

自分は価値がなく社会から不要な存在なのだと心がバキバキに折れてしまいます。

あわせて読みたい
失業後は無気力でニート期間がある?失業中にニート・引きこもり期間ができる理由
退職後・失業後は無気力で無職・ニート期間がある?失業中に引きこもり期間ができる理由仕事が決まっていない状態で退職をすると失業期間というものが当然できます。失業期間に転職活動をしなるべく早く仕事を見つけるということが多くの人が望むことでしょうが、失業中にニート期間や引きこもり期間ができてしまう場合があります。失業中のニート期間や引きこもり期間がなぜ起こるのか、転職活動などにどのような影響があるかを考察しています。...

転職活動で心が折れるとき:金銭的に厳しくなってきている

シンプルに仕事をしていない状態が続くので、

収入が途絶えたり、依然と同様に稼げているという状態ではなくなります。

そもそも生活に困らないお金を得られる状態であれば、

転職活動自体もそこまで必要ではないですし、心が折れることもないでしょう。

やはり日に日にお金が減っていくし、

貯金から考えても、最長でもこれぐらいまでしか持たないな、

などの計算から、仕事が決まらない収入がない

という部分のストレスや切迫した状況があるわけで、

焦っている中でどんどん追い込まれて行くと心が折れるじゃ済まない絶望になります。

あわせて読みたい
【仕事辞めたいと思ったら】最低限、仕事を辞める前に考えておきたい5つのこと
【仕事辞めたいと思ったら】最低限、仕事を辞める前に考えておきたい5つのこと仕事辞めたい、今の仕事を辞めたいなぁとストレスや不満、将来を考えると思うこともあるでしょう。仕事辞めたいという思いが芽生えたら、一度しっかりと仕事を辞めることを考えてみる必要があります。冷静に考えた後も仕事を辞めたいという意思が変わらない場合に、最低限考えたおくべき5つのことを紹介しています。...

転職活動で心が折れるとき:もう決まらないのでは?と思う

長い間、転職活動をし、多少の妥協も含めて定期的に応募をし、

面接も定期的に呼ばれているのに決まらないという状況が、

長く続けば続くほど、結局仕事決まらないのでは?

という感情が生まれてしまいます。

何をしても無駄な気がしたり、現実的にお金が無くなって行動に制限がかかったり、

精神的にも疲れてきて、社会に関わりたいと思えなくなることもあります。

どうせ決まらないと思うと、応募する気も面接を受ける気も失せます。

なぜならこれまでそこまで魅力を感じていないものばかりであったのに、

妥協して応募し、生活のために転職活動をしてきたのに、

それすら決まらないということで、転職活動へのモチベーションが潰えるからです。

心が折れるのはある種の挫折ですが、ここまでいくとあきらめの境地というか、

もう仕事する気すら起きないなということに繋がっていくこともあります。

あわせて読みたい
就活したくなかったし就職する気もなかったので就活しないで終わった大学生時代を振り返る
就活したくなかったし就職する気もなかったので就活しないを選択した大学生時代の理由就活を一度もしないで大学生活を終えました。当時、就活をしなかった理由は単純に就活がしたくなかったからです。面倒そうだし大変そうな就活をしてしたくもない仕事や会社に就職するのが嫌でした。就活をしなかったことを振り返って就活しなかった理由や就活しなかったことのメリットとデメリットを紹介しています。...

転職活動で心が折れないために出来ることはあるか?

転職活動中に心が折れるのは、想像よりうまくいっていない場合がほとんどです。

ある意味で想定が甘かったということも言えるかもしれません。

また、自分の経歴や能力、自信や貯蓄などの経済状況によっても、

心が折れやすいか折れにくいかというのは変わってくるでしょう。

自分自身で、仕事が出来ないわけではないと思っていても、

相手の会社が能力をしっかり見抜いてくれるとは限りませんし、

そもそも引く手あまたのような、どのような会社も欲しがる人材である、実績がある、

というわけではないのであれば、うまくいかない想定はしておくべきです。

また、転職活動は心が折れるぐらい、

辛くなってしまったり悩む可能性もあるものだと思っておいて損はありません。

確かに不採用が続いたり、思うように転職活動が進まないとイラつきますし、

自信も失くして悩んだり不安を持ってしまうものです。

その際は、出来ることから始めたほうがいいです。

実際、貯金を崩してだけの生活だと想定スケジュールから逸脱してしまうと、

生活が厳しくなりますし、余裕がなくなります。

思ったように進んでいない場合は、副業やバイトでお金を稼ぎながら、

転職活動を気長に続けたほうがいいでしょう。

お金の不安が少し和らぐことで焦った妥協して転職に失敗というリスクも回避できますし、

収入はあるから焦らないでおこうと、心も折れずに前向きな転職活動に繋がるでしょう。