SEO対策

中古ドメイン(オールドドメイン)の最大のリスクは「中古ドメイン」であること!

中古ドメイン(オールドドメイン)の最大のリスクは「中古ドメイン」であること!



中古ドメインのリスクはよく語られます。

むしろ、効果よりもリスクの方が話題になることの方が多いのではないでしょうか。

中古ドメインのリスクはいろいろとありますが、

簡単に言えば「中古ドメイン」であるということ自体がリスクなのです。

中古ドメインというだけでリスクがある理由

中古ドメインを使うことで必ずしもリスクが生じてダメになるというわけではありませんが、

中古ドメインであるというだけで、大なり小なりリスクを抱えているということは言えます。

新規ドメインは無垢でまっさらな状態であり、リスクはゼロであり、良いも悪いもないという状態です。

中古ドメインがリスクを持つ理由として、まっさらな状態ではないという段階でリスクがゼロとは言えないということです。

つまり、何らかの傷跡や傷とは言えないかもしれないが痕が残っているということは、

リスクが潜んでいないと確実に言い切ることができないドメインであるのは間違いのない事実なのです。

あわせて読みたい
ゼロからわかる!中古ドメインのメリットとデメリット
ゼロからわかる!本当の中古ドメインのメリットとデメリットを解説!中古ドメインを利用するしないは自由ですが、メリットとデメリットはハッキリしています。中古ドメインのメリットとデメリットを正しく理解した上で利用するかどうかを検討するべきでしょう。中古ドメインに共通するメリットとデメリットを解説しています。...

中古ドメインに効果があるならリスクも必ずある

中古ドメインの効果とリスクとは表裏一体であって、中古ドメインの効果があるのならばリスクも確実にあると考えられます。

効果もリスクも過去の運用サイトや履歴から検索エンジンがどう取るかという部分から来ています。

Googleもサイトが切り替わったら評価をリセットするなどと言う発言をしていますが、

確実にこれがなされているならば、取得した際にペナルティドメインだった!などが解消されていないとおかしいからです。

つまり、リスクが解消されていないという面から効果が残っていると考えられ、

その効果を目当てに中古ドメインの需要があるのです。

ですから、逆説的に効果が言われているうちはリスクも確実に内包され残っているのです。

いつか、Googleが完全に過去の運用をリセットするようになれば、その時はリスクもなくなるでしょうが効果もなくなることでしょう。

また、中古ドメイン市場自体も大きく変わるかなくなっていくことがGoogleの対処ひとつで考えられます。

あわせて読みたい
中古ドメインの販売やSEO効果を推し過ぎる業者は情弱狙いのビジネスである!
中古ドメインの販売やSEO効果を推し過ぎる業者は情弱狙いのビジネスである!中古ドメインを買う使うは自由ですが、高い中古ドメインを使えばいい、ドメインパワーが高い、バックリンクが多い、などなどでSEO効果や価値があると思わせているだけの中古ドメインはビジネスであるとを考えてみましょう!...

中古ドメインのリスクが気になるなら使わないが無難

中古ドメイン販売に関与してた際に、リスクなどを記載したコラムを執筆していましたが、

直接ショップにリスクについて問い合わせてくるユーザーも多くいました。

販売する立場であったので、リスクはないとは言い切れないがウチのは安全みたいな対応をしていましたが、

個人的な意見としては、リスクに悩んだり、不安になったりビビるぐらいなら、中古ドメインは使わない方がいいと思います。

新規ドメインであればこの部分で悩むことはありませんし、安く使えますからね。

一か八かとか、失敗しても仕方ないみたいな気持ちをどこかに持っていないと中古ドメインは使わない方が無難です。

絶対に失敗できないって状況や考えであれば、ドメインだけの影響で失敗する可能性のない新規ドメインを使うことが一番です。

あわせて読みたい
逆に知っておきたい!中古ドメインを使わない方がいいケース
逆に知っておきたい!中古ドメインを使わない方がいいケース中古ドメインの利点や効果はよく言われますしリスクなども良く語られます。ですが、使う必要がないケースに対してはあまり言及されていません。基本的には使わないといけないということはないですが特に必要がないと考えられるケースを紹介しています。...

中古ドメインは効果よりリスクのが影響がデカい

中古ドメインのリスクと効果を天秤にかけた場合、リスクの方が確実にデカいです。

これは、リスクや降下と発生率ということではなく、返りの大きさです。

中古ドメインの効果を感じることは、インデックスの速さだったり程度の感じが多いですが、

中古ドメインのリスクは手動ペナルティなどのサイト自体が死んでしまうようなデカ目のものになるので、

ハイリスク・ローリターンだなって思いますね。

まぁ文字列も選べないし、海外の履歴や日本でもショボいサイトの履歴の中古ドメインを、

>よくわからない販売店のスコアを見て高い金で買うのは効果とリスクを語る以前にバカらしいなって感じはしますけどね。

あわせて読みたい
中古ドメインのSEO効果に関連する嘘とホントを利用した経験から紹介!
中古ドメインのSEO効果の嘘とホントを実際に中古ドメインを利用した経験から紹介!中古ドメインはSEO効果やリスクがよく議論の的になりますが、実際に使ってきた経験から中古ドメインにまつわる嘘と本当について考察して紹介しています。使ったことがあるからこそわかることもありますし、効果的に使えていないダメな例も見てきたので参考にしてください。...

使うなら中古ドメインのリスクと向き合うか割り切る

中古ドメインのリスクは中古ドメインであることだと言ってきましたが、

それでも使いたい人が使うのは自由だと思います。

中古ドメインを使って効果があったという声も完全に否定はしませんし、効果があるときはあるのは本当でしょう。

それが、いつまで続くかわかりませんが、効果とリスクは背中合わせで片方がある限りどちらも存在し続けます。

ですから、中古ドメインを利用する際は、リスクとしっかり向き合いリスクが生じても対処できる使い方や考え方を持っておきましょう。

慎重に大切に育てたりしたいサイトには使わないなどの使い分けをするのもいいかもしれません。

リスクが生じない場合もありますし、すぐにリスクが顔を出す場合もある中古ドメイン。

この中古ドメインの特徴を理解して、Googleが完全に対処し出すまでの間、使えるうちは使っておくか、

別に使わなくてもいいか、と自分自身で冷静に考えてみてください!