仕事

転職に迷いはつきもの!転職は内定保留を活用して後悔しない転職にしよう

転職に迷いはつきもの!転職は内定保留をうまく使って後悔しない転職にしよう

転職活動をして転職先を決める際に、

迷いが生じてしまうことは必ずありますよね。

いざ内定が出ても受諾するかどうかまだ考えたい

このように転職に迷いがある場合は、

内定保留を活用し、考える時間を確保して、後悔しないように転職先を決めましょう。

転職先を決めるのに迷いや悩むのは当たり前!

転職先を決めるのに迷いが生じたり、

どうすべきか悩むのは当然のことです。

ただでさえ決まるか決まらないかの不安も抱え、

現状より良い会社や仕事に就きたいと考えているので、

慎重に考えたくなるのは当然のことです。

内定が出たからと何も考えずに転職先の選択を間違えると、

またすぐに転職活動をしなければならない

今よりもキツイ環境になってしまった

などの選択を誤った結果最悪になってしまうという、

失敗も頭によぎるので、迷ってしまうものです

また、転職でも就活でも1社だけ選考中という状態はあまりないので、

複数受けていたり、結果待ちであることも多くありますので、

選択肢の面でも迷いが生じてしまうわけです。

あわせて読みたい
在職中にも転職活動をすべき!むしろ在職中に転職しないでいつするの?
在職中にも転職活動をすべき!むしろ在職中に転職しないでいつするの?在職中に転職活動はどうかな?と考えている方、退職してからの転職活動より在職中の転職活動を行う方がオススメです。むしろ在職中に転職活動をしないでいつ転職活動をするの?と言いたいぐらいです。退職して無職になって不安の中で転職活動をするより、在職中に転職を決められるように動きましょう。...

転職の迷いは「不安」と「決断」の部分

転職の迷いが生じる理由の大部分は、

不安」と「決断」の部分に関してです。

いざ内定が出たけど、

  • 本当にこの会社で大丈夫なのかな?
  • 今の会社より良いと考えていいのかな?
  • あまり情報がないけど実態はどうなのかな?

などの不安は常に頭に浮かんでいる状態でいます。

また内定が出たら決断をしないといけませんよね。

  • この会社に決めて良いのだろうか
  • 他の会社からの連絡を待つべきだろうか
  • もっと良い求人が出るかもしれない

などの葛藤を抱えながら答えを出して、

出した答えによって行動や結果も変わるので、

迷いや悩みは大きくなります。

また、結論を出す時間は多くは用意されていないことから、

早く決めないとと焦りも襲ってくるわけです。

あわせて読みたい
無職・ニート期間あるある!失業中の仕事が決まらず辛い無職状態の日々と心理
無職・ニートあるある!失業中の仕事が決まらず辛い無職生活の日々と心理転職先が決まらずに無職生活、ニート生活を送っていた経験があります。仕事を探しているにもかかわらず無職状態、ニート状態だった時に感じたことや似日を無職あるある、ニートあるあるとして紹介しています。失業中の無職やニート状態も辛いものですが、やはり無職やニートな日々に魔力があるようにも感じます。...

転職に迷いがあるなら内定保留を活用する

転職の迷いは内定保留を活用して対応しましょう。

>迷ったまま、後悔したまま、結論を出すのは危険な行為です。

例えば、まだ結果が出ていない選考中のものもあるのに、

内定が出たからとすぐに飛びつくようなことをしますでしょうか?

第一希望でここの内定が出たらOKと決めているのでないなら、

他の結果や条件を比較して転職先を決めたいと思うのは当然ですよね。

ですが、早く今の会社を退職もしたいという気持ちもあるわけなので、

内定をキープしつつ猶予時間を確保する手段として、

転職の場合は特に内定保留を活用すべきなのです。

あわせて読みたい
転職活動する前に転職したい理由・転職が必要な理由を明確に考えよう!
転職活動する前に転職したい理由・転職が必要な理由を明確に考えよう!転職することが珍しくない時代になっていますが、転職活動をする前に、転職したい理由、転職しなければならない理由を自分の中で明確にしておきましょう。転職活動を始めるにあたって転職理由を明確にする重要性や必要性を解説しています。...

転職の内定保留は意外と融通が利く

転職の場合は特に内定保留を活用すべきと言いましたが、

意外と転職の内定保留を聞き入れてくれる会社が多いからです。

また、回答を待ってくれと言う融通も意外と利きやすいです。

転職の場合は、経験や実績から入社してほしいと、

会社側も判断して内定を出していることが多いので、

折れてくれやすく、こちらが主導権を持ちやすい面もあります。

中途採用での求人で応募しているわけですから、

特にこの日までに採用を絶対にしないといけない

というような縛りもあまりないことから、

うまく話を運べば内定保留をすんなり受け入れてくれることが多いです。

特に在職中の転職活動であれば、

内定が出ても最短で入社は1か月は先になることなんてザラですから、

迷っている、悩んでいるなら内定保留を打診するのは、

転職の場合は特に有効な手段だと実体験からも思いますね。

あわせて読みたい
【会社の選び方】転職の会社選びで意外と忘れがちな7つの基準とポイント!
【会社の選び方】転職の会社選びで意外と忘れがちな7つの基準とポイント!転職活動をしていると給与や勤務時間、休日、職種、という部分を会社選びのメインに意識してしまいがちです。また、思うように転職先が決まらない場合は焦りも出て会社選びで失敗してしまうこともあります。会社の選び方で意外と忘れがちな基準やポイントを紹介しています。...

転職の内定保留は早目と長目にを意識する

転職で内定保留をする場合は、

内定が出てから言うのではあまりよくありません。

内定保留の可能性を「早目」に伝えておくべきです。

在職中の転職活動であれば確実なことは言えませんし、

正直に考える時間が欲しいことや今すぐに転職ができない可能性もある

ということを応募時や面接の段階から伝えておくと、

向こうも在職中の転職活動者の事情なんて百も承知ですので、

納得してくれる可能性は高いですし、

それでも良いと言ってくれる会社の方があなたを必要としてくれています。

長目」も内定保留を得るためには重要なポイントです。

内定保留を承諾してもらう目的は猶予期間を得ることですよね。

猶予期間は長ければ長いほど得をします。

考える時間や待つ時間、キープしつつ行動する時間が増えるからです。

また、あらかじめ内定保留期間を長めに設定することで、

早目に受諾の返事をした場合は感謝されたりもします。

転職で内定保留を承諾させるには、

早目に内定保留する可能性を伝えて

長目の内定保留期間を確保するようにすると良いでしょう。

あわせて読みたい
【仕事辞めたいと思ったら】最低限、仕事を辞める前に考えておきたい5つのこと
【仕事辞めたいと思ったら】最低限、仕事を辞める前に考えておきたい5つのこと仕事辞めたい、今の仕事を辞めたいなぁとストレスや不満、将来を考えると思うこともあるでしょう。仕事辞めたいという思いが芽生えたら、一度しっかりと仕事を辞めることを考えてみる必要があります。冷静に考えた後も仕事を辞めたいという意思が変わらない場合に、最低限考えたおくべき5つのことを紹介しています。...

転職は内定保留を基本的にするものである

内定保留してもいいのだろうかと思う方に言いたいのは、

転職は内定保留をするものであるということです。

1社めがけてピンポイントに転職活動をすることはないでしょうし、

いろいろな会社を受けて、

一番評価してくれる会社であったり、

この会社なら入ったら頑張れるかもしれないな

と自分の中で思える良い会社に巡り合うことが理想なわけです。

もちろん条件面で比較する部分もあるでしょうし、

自分の中のこだわりやポイントもありますよね。

甲乙つけがたい会社で悩んだり迷ったりすることもあれば、

ちょっと不安であることで内定が出たけど悩むこともある>わけです。

つまり転職活動は内定保留を前提に成り立っていると言ってもいいでしょう。

コストや時間の面で早く決めたい気持ちは会社側にもありますが、

転職先の決定はあなたが選んだ結果というのが強くなります。

これまでの実績や経験を基に、

自分を欲しいと言っている会社を選ぶのはあなた自身であって、

会社が内定を出して受諾するかどうか時間をくれと要求することは、

なんら問題がある行為ではなくむしろ当然の要求なのです。

あわせて読みたい
転職したいと思う10個の時
【転職したい時】今の仕事から転職したいなと思ってしまうとき10選!仕事をしていて、ふと転職を意識したり、転職を考えてしまうような、転職したくなる時10選を紹介しています。今の仕事よりより良い仕事を求めるのは普通のことです。少しでも転職したいなと思ったことがある方は、転職について一度考えてみたらいかがでしょうか。...

転職で内定保留をしてダメと言う会社はそれまで

中には内定保留を打診してもダメと言う会社もありますし、

何日までしか待てません、という会社もあります。

内定保留がダメと言う会社は、

取り付く島もない状態ですので、

縁がなかったなと割り切ってしまったほうがいいでしょう。

こちらが切羽詰まっているなら妥協して受諾もアリですが、

多くの場合で内定受諾で悩でいるのに妥協して受諾すると、

やっぱやめとけばよかったなという結果になりがちです。

期日を指定来る会社も1週間ぐらいの幅があれば良いですが、

明日までとか3日後までというような、

結論を急かすような期日設定をする場合があるので、

悩んだままになってしまうこともあります。

自分の中で考える時間や猶予期間が足りない内定保留期間の場合は、

期間内に結論が出れば良いですが、

しっかりと決断ができない状態であれば、

こちらも縁がなかったな、と思ったほうがいいかもしれません。

あわせて読みたい
転職活動で心が折れそうになるとき・実際に転職活動で心が折れたとき10選!
転職活動で心が折れそうになるとき・実際に転職活動で心が折れたとき10選!転職活動が長く続いたり、うまくいかないと心が折れてしまいそうになるときがあります。転職活動を通じて心が折れそうになる出来事や実際に心が折れてしまうような出来事を紹介しています。転職活動がうまくいかないと想像以上に不安ですしストレスになり絶望してしまいます。転職活動で心が折れる原因となることとはどのようなことなのでしょうか。...

転職の迷いは仕方がないので後悔しない選択が大事

転職の迷いは仕方がない部分がありますが、

ぶっちゃけ迷いが出てる段階で気持ち的には微妙であったり、

妥協しないと受諾できない会社って感じではないでしょうか?

心がそこまで乗ってない感じというのは、

上手く説明は出来ませんが転職活動ではあります。

内定が出て嬉しいけど、なんかあまり気分が乗らないみたいな感じです。

ですが、早く今の会社を辞めたいという気持ちやの方が強かったり、

いい加減に転職活動を終わらせて転職決めたい

という感情から、迷いがあっても決めてしまうこともあります。

結果的に良かったということもあるので一概には言えませんが、

転職で迷いがある場合は気乗りしていないってのが実態です。

冷静に考える時間を設けたり、他の結果を受けたうえで判断することで、

結論は変わることはありますので、

なるべく後悔しない決断を転職でするためには、

内定保留をうまく活用して迷いと向き合える時間を確保しましょう。