SEO対策

【低品質なバックリンク】手遅れになる前に!リスクしかないバックリンクの特徴6選!

手遅れになる前に!リスクしかないバックリンクの特徴6選!

バックリンクは意識しなくても設置されてしまうものです。

また、意図的に自分で設置したり、

SEO業者に依頼して被リンク対策を行う方もいるでしょう。

設置して増えればSEO効果が出るなんて単純な時代は遠い昔の話。

今では、質が悪いリンクはリスクにしかなりません。

リスクや手動ペナルティを呼び込むバックリンクの特徴を紹介していきます。

手動ペナルティサイトからのバックリンク

手動ペナルティになっているサイトからのバックリンクは危険です。

あなたのサイト自体も手動ペナルティになってしまう可能性を高めてしまいます。

自分が関知していないバックリンクの場合は、気がつけないことも多いでしょう。

ですが、自演リンク、SEO業者の被リンク対策などで、

用意されたサテライトサイトなどが手動ペナルティになった場合はサイトに対して害が及ぶことを覚悟しておきましょう。

低品質なリンク対策用のサテライトは、手動ペナルティになりやすくなっています。

自分で用意した場合でも、SEO業者のサテライトであっても低品質な場合は、

バックリンクの設置をしないということも考えておかなければいけません。

順位も悪く、ユーザーも来ないような状態のサテライトであればリンク設置するのは危険です。

あわせて読みたい
リンクペナルティを生んだサテライトサイトは全てが原因であると考えるべき!
リンクペナルティを生んだサテライトサイトは全てが原因であると考えるべき!自分でやるにしても業者に依頼するにせよ、サテライトサイトが原因でリンクペナルティ、手動ペナルティになる場合があります。また、この場合はサテライトサイト自体もペナルティになっている場合が多く原因は明白です。サテライトサイトが原因でのペナルティはサテライトサイト自体を根本的に見直さなければ解決しません。...

スパムサイトからのバックリンク

手動ペナルティと通じる部分もありますが、

挙動やサイト内容が不適切なサイトからのバックリンクはリスクが高くなります。

実際、手動ペナルティは自分で管轄しているか依頼している場合(嘘をつくSEO業者もいますが)、

でしか確認が取れないので、低品質なサイトやスパムサイトからのバックリンクは自分で判断しなければいけません。

スパムサイトや不適切なサイトの判断として、

  • 一般常識的に不適切な内容のサイト
  • 何のサイトかわからないサイト
  • 不正なリダイレクトなど挙動が怪しいサイト
  • セキュリティ警告が表示されるサイト
  • リンク設置の仕方が不自然かつ不適切なサイト

最低限、上記に当てはまるサイトからのバックリンクは否認するなりの対処を自身で行う必要があるでしょう。

バックリンクは勝手に設置されることがあるので定期的な確認や否認作業を行いましょう。

あわせて読みたい
【手動ペナルティ】SEO業者のリンクが原因!再審査リクエストから解除まで
【手動ペナルティ】SEO業者のリンクが原因!再審査リクエストから解除までSEO業者のリンクが原因で手動ペナルティになるというサイトに関わっていた経験があり、再審査リクエストをパスして解除まで自力で持って行った経験があります。原因となったリンクを否認してから解除までを解説しています。...

順位が低い・価値がないサイトからのバックリンク

簡単に言ってしまえば、低品質なサイトからのバックリンクということになります。

体裁やパッと見はサイトとして出来ているように見えたとしても、

実がないサイトというのは多くあります。

SEO業者のサテライトサイトなどがいい例でしょう。

順位が低いということはGoogleに評価されておらず価値がないと判断されていると考えらます。

順位が低いサイトであれば、ユーザーも訪れることもないでしょう。

また、サイト内容を見てサイトやコンテンツに価値がないと感じるようであれば低品質なサイトです。

順位やユーザーの利用などの点から考えて、

これらが出来ていないサイトからのバックリンクからは効果はなくリスクに転じる可能性の方が高いでしょう。

自分で作成、SEO業者に依頼を問わず順位やアクセスのデータからもバックリンクの設置を考えてみましょう。

あわせて読みたい
SEO業者に貼られた被リンクが低品質かどうかを見抜く方法!
【低品質な被リンク】SEO業者に貼られた被リンクが低品質かどうかを見抜く方法!SEO業者に被リンク対策を依頼した際に効果が出ないなどの場合は、被リンクが低品質な可能性があります。貼られた被リンクが低品質であるかどうかを見抜くために確認すべき項目を紹介していますので参考にしてください。当てはまった場合はSEO業者も被リンクも両方の質が悪いと言えるでしょう。...

露骨なアンカーテキストや不自然な設置のバックリンク

よくSEO業者などのリンクの設置の仕方で、

順位を上げたいキーワードをアンカーテキストにして露骨なバックリンクを作り上げています。

これは意図的で順位操作の意思丸出しのダメなバックリンクです。

また、コンテンツ内容に適していない、

文脈の前後に関係がないのに無理矢理というか強引に設置しているようなバックリンクもリスクが高いです。

フッターやバナーなど過剰かつユーザーに関係ないような、

バックリンクの設置の仕方はスパムですから当然リスクになります。

キーワードが入っているコンテンツだから、

内容が近いからではなくバックリンクの設置が必然でなければ意味がありません。

あわせて読みたい
スパムサイトと紙一重の低品質なサイトに当てはまる10項目!
スパムサイトと紙一重の低品質なサイトに当てはまる10項目!いまだに低品質なサイトでも問題ないと考えているSEO業者もいますし、そもそも低品質なサイトですらないとスパムサイトレベルであっても思えていない場合もあります。これらのSEO業者は終わっていますが、クライアントや利用を考えている方が知ることでリテラシーを高めて回避するしかないのかもしれません。...

海外サイトなど無関係なサイトからのバックリンク

海外サイトからのバックリンクは中古ドメインなどであれば、

多く保持していますので問題ないといえば問題はないですが、リスクになり得ます。

海外サイトであれば不適切な内容でも読み取ることが出来ないかもしれませんし、

ロシアや中国、ベトナム、朝鮮、などの国によってスパム度が高くなる場合もあります。

普通に運用していて、海外サイトからリンクが多いなと感じたら精査してみる必要があるでしょう。

また、無関係なサイトから無関係な内容でのリンクや不自然な設置でのリンクは、

ネガティブSEOの可能性やスパムであるかもしれませんので同様に精査すべきです。

あわせて読みたい
【バックリンク精査】低品質な被リンクの精査はサイトを直接見て判断する!
【バックリンク精査】低品質な被リンクの精査はサイトを直接見て判断する!被リンク(バックリンク)を精査することは被リンク対策の一部ということもできますし、サイト運用を通して必要な作業になります。自分のサイトにどのような被リンクが送られてきているのかを把握することで効果やリスクを判断することが出来るからです。実際にリンク元のサイトを見て低品質な被リンクでないかどうかを判断していきましょう!...

SEO業者の設置したバックリンク

SEO業者からのバックリンクは、

これまで紹介したすべての要素を備えている可能性が高くなります。

特に悪質なSEO業者、被リンク販売を推しているSEO業者の場合に注意が必要です。

そもそも価値があるサイトでなければ、効果があるバックリンクは生み出せません。

SEO業者が用意したサイトなりサテライトに、

価値があるかを見極めることが出来なければ痛い目に合うでしょう。

また、詐欺や嘘を言い続けて責任転嫁するのはバックリンクの場合は常套手段ですので、

しっかりとデータや言動、契約、などの証拠を保持しておくべきです。

また、SEO業者のレベルやクオリティを見抜くことも求められます。

バックリンクで成果を出せるなんて眉唾だと認識しておく必要があるでしょう。

あわせて読みたい
悪質なSEO業者が自演リンクで手動ペナルティ祭りを発生させる!
悪質なSEO業者が自演リンクで手動ペナルティ祭りを発生させる!悪質なSEO業者が原因で手動ペナルティが発生するということがありました。SEO業者のリンクが原因でリンク対策をしているのに、自分たちのリンクに問題ないといい自社メディアにさえもペナルティの原因を送り続けているのに、なぜかやり方や考え方を改めない不思議なクソSEO業者のお話です。...

リスクがあるバックリンクを作るのは簡単!

バックリンクを作成することは簡単です。

ですが、効果があるバックリンクとなると相当難易度が高いです。

効果があるバックリンクって簡単に言えば1位のサイトからのバックリンクです。

そこそこのボリュームや競合がいるキーワードで1位を獲ることは簡単ではないのは理解できるでしょう。

効果があるバックリンクを作れるということは1位になる価値があるサイトを作れると同等といいますか、それが出来ないと無理なわけです。

逆に簡単に低品質なバックリンクを作ることはできますので、

リスクにしかならないバックリンクの方が多く作られ蔓延しているということを理解しましょう!