SEO対策

我が耳を疑ったSEO業者のトンデモ発言集!

我が耳を疑ったSEO業者のトンデモ発言集!

会社としてSEOの能力がない、会社のTOPや担当者のSEOに対する考え方が破たんしているSEO業者を見てきた経験から、実際に聞いたトンデモ発言を紹介します。

自分はコンテンツSEOである程度の成果を上げていた経験があるので、このような発言を記事ネタや反面教師にしていました。

ですが、SEOをサービスとして提供している会社が実際に、このような発言しているということを考えると背筋が凍りますね。

理解できない考えや発言ばかりでしたので、解説できる方がいたらお願いしたいです。

高い中古ドメインを使えばサイトの質が上がるよね

どっかから聞いてきたのか知りませんが、

サイトやサテライトの質、被リンクの効果は、

ドメインパワーが全てだ!

と言っているのを耳にしました。

ドメインパワーが高いサイトとは、優良で価値があるサイトのことを普通は指しますが、トンデモSEO業者は中古ドメインに目をつけます。

確かに中古ドメインのドメインパワーを活用して効果を出す手法もありますが、ただ高い中古ドメインをカスなサイトに使うだけで自己満足している状態です。

コンテンツなどのサイトの内容は一切カスなままなのに、高い中古ドメインを使っている、高い中古ドメインに乗せ換えたから質が上がったと思いこんでいます。

彼らは高い中古ドメインを毎月何百も仕入れてカスなサイトに使い、ひと月も経たないうちにドメインの価値を急激に低下させることをSEO対策だと言っています。

あわせて読みたい
中古ドメインのSEO効果に関連する嘘とホントを利用した経験から紹介!
中古ドメインのSEO効果の嘘とホントを実際に中古ドメインを利用した経験から紹介!中古ドメインはSEO効果やリスクがよく議論の的になりますが、実際に使ってきた経験から中古ドメインにまつわる嘘と本当について考察して紹介しています。使ったことがあるからこそわかることもありますし、効果的に使えていないダメな例も見てきたので参考にしてください。...
中古ドメインの無駄遣い、豚に真珠とはこのことです。

キーワードを増やせば深い記事になるよね

トンデモSEO業者は今までもこれからも、質の高いコンテンツとは何かということを真剣に考えることができない思考回路を持っています。

肝心なコンテンツの内容という部分には頭が回らないのです。

また、実際に記事制作をしたことがないのでオーダー記事に頼りますしオーダー方法もキーワードだけ指定するという粗悪な方法をしています。

キーワードを増やすというこの発言の意味は、キーワードを記事の中に使用する回数を増やせという意味になります。

不自然なキーワードの詰込みを未だに行い、それをしたことで深い内容の記事になるという発言はただただ不快です。

といいますか、よくそんな風に考えられるもんだなと怒りを通り越して呆れてしまいました。

あわせて読みたい
コンテンツSEOを意識して記事を書くときに最低限やっていた4つのこと
コンテンツSEOを意識して記事を書くときに最低限やっていた4つのことコンテンツSEOを意識して記事を製作していた時に実際に行っていた4つのことをまとめて紹介しています。実際にこの手順で上位を獲得した経験がありますので記事を製作する際の参考にして頂ければ幸いです。ですが、この方法で確実にコンテンツSEOを成功させられるかどうかはわかりません。...
キーワード出現率とか使用率とかだけで、コンテンツを考えるSEO業者は質の高いコンテンツを理解していないといえるでしょう。

検索ボリュームが少ないから難易度は低いよね

アホなSEO業者のくせに、検索ボリュームとかキーワード難易度という言葉を使って分析したつもりになりたがっているマヌケがいます。

キーワード難易度を算出して、サイトの構成や戦略を考えるのは確かに必要なことです。

ですが、トンデモSEO業者は検索ボリュームの数値だけでキーワード難易度が決まるという思考回路を持っています。

例えば、検索ボリュームが

  • 500以下は簡単
  • 1000~3000は難易度が低い
  • 5000~10000は難易度は普通
  • 10000以上は難易度が高い

というアホ丸出しの無根拠な考えで難易度を語ります。

検索ボリュームだけ見ても難易度は普通わかりません。

競合サイトの質や作成するサイトの特性、運用する人間の能力など様々な部分を見なければ難易度などわからないはずです。

ですが、トンデモSEO業者は検索ボリュームだけ見て難易度を導き出してしまう恐ろしい存在なのです。

あわせて読みたい
検索上位が獲得できるサイトを作れないSEO業者にSEO対策は出来ない!
価値あるサイトが作れないSEO業者にSEO対策は出来ない!そもそも検索順位を操作することは不適切ですし意図通りに動かすことは不可能です。ですからSEO業者自体が検索上位を獲得できるような価値があるサイトを作る能力がないとSEOのノウハウを持っているとは言えません。SEO業者自体が価値あるサイトを実際に作れるのかどうかを考えなければ無駄になって痛い目を見るかもしれません。...
これだけを根拠に難易度を出して実現できるとかほざいているから厄介です。

この被リンク外したら圏外に飛ぶかもよ

トンデモSEO業者のSEOのすべては低品質なスパムレベルのサテライトサイトを大量に作り続けて被リンクをそこから対策ページに貼るというものです。

まぁ未だによくこれをやるなぁ、という感想ですよね。

これを会社の自称SEOのプロ集団が行っていて対外的なサービスもこの被リンクを売ることになります。

ですが、これを自社管理のメディアに対してもこの低品質な被リンク対策を行っているので本当に効果があると思いこんでいるのでしょうね。

本当にSEOのノウハウもスキルもなく救いようのない状態なわけです。

あからさまに低品質な被リンクであったため先に否認をし順位が回復したのを確認した上で削除してくれと言ったことがあるんですが、

タイトル通り、

この被リンクを外せば圏外に飛ぶ危険性があります!

と抜かしていました、たったひとつの被リンクに対してです。

実際は、外して順位が上がっている事実も知らない、順位チェックもできていないくせによく言えたものだなと思いました。

このトンデモSEO業者の担当者やTOPは被リンク1本でSEOや検索順位が決まると思ってるんでしょうね。

あわせて読みたい
被リンク依存のSEO対策がヤバいと思う理由
被リンク依存のSEO対策がヤバイと思う理由被リンクに依存したSEO対策は効果よりリスクのほうが高まっています。ですが、いまだに被リンク販売が主軸のSEO業者や被リンクをただ集めればいいと考えているサイトマスターもいます。低品質な被リンクを作ることは容易にできますが、効果的で高品質な被リンクを作ることは難しいということを理解しておきましょう。...
逆にその被リンクだけで順位が保たれている状態であれば、それはそれで危ないから外すだろと思います。

でも、サテライトサイトですからね

なぜ、低品質で誰も利用しないサテライトサイトを作ることが無意味でなく効果があるのかと聞くとこう返ってきます。

でも、サテライトサイトですからね」と。

意味が分かりません。

高い中古ドメインを使い、社内の半数以上の人員を使い、無駄に大量にクソな記事をオーダーで発注して作るサイトになんの効果があるのでしょうか。

このサテライトサイトはトラフィックがないのにいいんですか?

このサテライトの記事意味不明なんですけどなんでなんですか?

高い中古ドメインを使って直ぐにドメインがダメになるサイトってアホですか?

と、聞いても返ってくる答えは、

でも、サテライトサイトですからね」だけです。

彼らは、無駄なものを作っているという自覚がないのでしょうか。

無駄なことである、価値がないサイトであると指摘しても、

サテライトサイトだから仕方ない

で、済ますということはサテライトサイトは価値がないサイトであることが普通とでも思っているのでしょうか。

そう思っているとしたら、なぜ作り続けるのでしょう。

また、なぜそのサテライトサイトからの被リンクに効果があると思えるのでしょうか。

僕には理解できないSEO的な考え方ということなんでしょうか。

あわせて読みたい
SEO業者がよくする4つの言い訳!
成果や効果が出せない悪質なSEO業者がよくする4つの言い訳!実際にSEO会社に所属した際やSEO担当者に言われたことがある経験から、効果が出ていない、成果が出ていない、むしろマイナスの結果になってしまったときにSEO業者や担当者が言い訳として言ってくることを大きく4つまとめてみました。利用している方も利用を考えている方も是非参考にしてください!...
サテライトサイトだから手間がかけられないと言ってきますが、多くの人員とテキスト代、ドメイン代を多額にかけているんだからまともなものを作れないほうがおかしいというものです。

SEO的に問題ないのに手動ペナルティになった

これまで話してきたとおりに作成したサイトやサテライトたちは良識ある皆様ならお分りの通り、低品質なサイト、スパムサイトとになります。

普通は、

そりゃGoogleも手動ペナルティにするだろ

って考えても不思議ではありません。

が、しかし!

トンデモSEO業者はこれらのサイトを「SEO的に問題がないサイト」と考えています。

そして、手動ペナルティをもらったのにも関わらず、SEO的に問題がないサイトであるという考え方を改めません。

と言いますか、同じロジックと制作手法で作られ続けているサイトたちは、ひとつが手動ペナルティになったということはバレていないだけで手動ペナルティになる要素しかないサイトと言うことです。

基本的には悪質なスパム・低品質なコンテンツで多くのサイトがペナルティをもらっているのにも関わらず、

なぜ作り方を見直さずに「効果があるサイト」「問題がないサイト」ということができるのでしょうか。

このようなサイトたちから対策ページに被リンクを飛ばして効果があると悦に入っている姿を見るたびに、どうしようもなく愚かなんだなと思うしかありません。

SEOを考えたらGoogleからの手動ペナルティは最大級のマイナスであると僕は考えますが、彼らのSEO的に問題がないというのはどのようなことを指して言うのでしょうか。

あわせて読みたい
被リンク対策で痛い目に合わないためのSEO業者に依頼する前にすべき確認事項!
被リンク対策で痛い目に合わないための事前にSEO業者にすべき確認事項!被リンク対策を行う際の注意点や、被リンク対策をSEO業者に依頼する際にしっかりと確認しておかなければ、低品質な被リンクを押し付けられたリ無駄な対策をされてしまうかもしれません。被リンク対策を行う前にSEO業者に確認しておくべき項目と効果がある被リンク対策についての考え方を考察しています。...
普通に運用してれば手動ペナルティなんて多くなるものではありません。プロ集団が作る3,000以上のサテライトサイトが手動ペナルティになっていましたね。

SEO業者のトンデモ発言や酷い実態はまだまだある

紹介したもの以外にも沢山のトンデモ発言や最低な実態を見てきました。

そして、それを彼らは悪いことをあえてやっているという考えではなく、正しい良いことであると心の底から勘違いしている分より質が悪いのです。

このようなトンデモSEO業者で酷い目に合わないためにも、正しいSEOの知識や質を見抜ける目を養っておくことが重要です。

ウェブサイトの運用は企業や小さなお店、個人的なものなど広がりを見せています。

SEOの知識を持たずこのようなトンデモSEO業者を利用してしまわないように注意してください!