仕事

求人に応募する前に企業への質問をしておけば転職活動の無駄が減らせる

求人に応募する前に企業への質問をしておけば転職活動の無駄が減らせる

最近は求人サイトや転職サービスなどに、

応募前にメッセージで求人や企業に関する質問ができる

システムや機能があるものが増えています。

転職活動をしていたり、仕事を探しているのであれば、

求人に応募する前に企業への質問をすることで無駄が減らせます。

求人に応募前はいろいろと悩むことがある

求人は基本的には良い事ばかり書かれているものですし、

曖昧な表現だったり、細かな情報までは載っていないことが多いですよね。

もちろん、応募前に調べることは必要ですが、

自分が納得できる情報を得られることはあまりありません。

納得できないままでいると、

応募するかどうかの踏ん切りがつかずに悩んでしまう

ということが起きてしまうことがあります。

この部分で追加の情報があればなとか、

この部分の回答によっては判断が変わるな

というような考えであるのであれば、

企業への質問を利用してみると良いかもしれません。

あわせて読みたい
転職活動中の僕に面接辞退・選考辞退の決断をさせた会社側の対応10選!
転職活動中の僕に面接辞退・選考辞退の決断をさせた会社側の対応10選!転職活動をしていて早く転職先や仕事を決めたい!と思ってはいても、なんだこの会社!?となって面接辞退や選考辞退を決断することがあります。転職活動中に面接辞退や選考辞退を決断させてくれた採用側の対応10選を紹介します。いくら転職活動で仕事を決めたいと思っていても不安に感じさせる会社の対応があれば面接辞退や選考辞退を決断するのはありではないでしょうか。...

求人に応募する前に企業への質問で無駄を減らす

求人に応募するかどうかを一人で悩んでいる時間は、

無駄な時間であるとも考えることができます。

企業への質問ができるものであれば、

悩むぐらいなら質問してしまってほうが効率的ですし、

無駄に悩んで疲れることも防げます。

慎重になるのは大事なことではありますが、

もやもやがあって踏ん切りがつかない

不明点が明確になれば結論が出せることで悩んでいるのであれば、

企業に質問をしてしまって解決させた方が早いでしょう。

あわせて読みたい
転職はしたいけど疲れるし面倒!転職活動をしていて面倒で疲れること10選!
転職はしたいけど疲れるし面倒!転職活動をしていて面倒で疲れること10選!転職活動は疲れるし面倒なことも多くあります。当たり前のような転職に関わる行動ですら疲れや面倒に繋がることもあります。転職活動をしていて面倒であったり、疲れてしまうこと10選を紹介しています。転職をしたいと考えているならある程度は疲れや面倒な目に遭うことの覚悟も必要です。...

求人に記載がない情報は応募前に質問しておく

求人に知りたい情報の記載がないことは多々あります。

細かくいろいろと記載がある求人もありますが、

職種、勤務時間と給与と休日ぐらいの、

最低限とも言えないぐらい情報しかないものもありますよね。

自分が働き先や転職先を決める要素として必要と考えているものの、

情報が記載されていないのであれば、

応募する判断がつかないのは仕方がないので、

応募前に企業に質問してみるしかないともいえます。

あわせて読みたい
在職中にも転職活動をすべき!むしろ在職中に転職しないでいつするの?
在職中にも転職活動をすべき!むしろ在職中に転職しないでいつするの?在職中に転職活動はどうかな?と考えている方、退職してからの転職活動より在職中の転職活動を行う方がオススメです。むしろ在職中に転職活動をしないでいつ転職活動をするの?と言いたいぐらいです。退職して無職になって不安の中で転職活動をするより、在職中に転職を決められるように動きましょう。...

求人に魅力を感じるが譲れない点や不安点は先に質問

求人に対して魅力は感じてはいるけれど、

自分の中で譲れない部分や不安な部分が引っかかっているならば、

応募前に企業に質問しておくべきでしょう。

いいなと感じる部分はあるけれど、

この部分はどうなっているのか?

と気になる点や不安があるのであれば、

その懸念点や疑問点はクリアしておいたほうがいいでしょう。

質問の回答によって仮に受かったとしても、

自分の判断が変わるようなことであるのであれば、

質問を先にしておいた方が無駄もリスクも回避できます。

あわせて読みたい
転職に迷いはつきもの!転職は内定保留をうまく使って後悔しない転職にしよう
転職に迷いはつきもの!転職は内定保留を活用して後悔しない転職にしよう転職には迷いがつきものです。転職先の内定を受諾するか辞退するか、別の求人に応募するか、他の求人が出るのを待つか、と内定が出た場合でもいろいろと迷ったり悩んでしまいます。転職で迷いが出たら内定保留をうまく活用しましょう。転職で内定保留を活用することで迷いと向き合う時間や結論を出す猶予期間や他の選択肢の可能性が出るなど後悔しない可能性が増えるからです。...

求人や企業に具体的な質問があればしておくべき

求人や企業に対して具体的に先に聞いておきたい質問があるなら、

気にしないで応募前に質問していいでしょう。

漠然とした質問ではなく、

求人や企業に関する具体的な質問ができるのであれば、

面接に行かなければ聞けないような質問であっても、

面接前に済ませることができれば有利ですし、

面接に繋がった場合も、

事前に質問させていただいた件ですが

と話を絡めることもできます。

また、質問をすることで新たな疑問の発見などにも繋がるので、

具体的な質問がある場合は遠慮なく質問機能を活用すべきです。

あわせて読みたい
【会社の選び方】転職の会社選びで意外と忘れがちな7つの基準とポイント!
【会社の選び方】転職の会社選びで意外と忘れがちな7つの基準とポイント!転職活動をしていると給与や勤務時間、休日、職種、という部分を会社選びのメインに意識してしまいがちです。また、思うように転職先が決まらない場合は焦りも出て会社選びで失敗してしまうこともあります。会社の選び方で意外と忘れがちな基準やポイントを紹介しています。...

企業への質問をしないで応募すると無駄な面接になる

なぜ応募前に企業への質問をしたほうがいいのか?

と思うかもしれませんが、

質問をすることで無駄な面接を避けられることになるからです。

質問をすることで違うなと感じれば応募をしないで済み、

あなたが無駄に面接に行くこともなくなれば、

企業側も無駄な面接をしないで済むことになります。

求人で良いと思って応募しても、

面接に行ったら全然話が違って適当に面接を済ませた

一か八かで応募して双方とも無駄な面接で終わった

という経験をこれまでしたことはないでしょうか?

転職活動中に無駄な面接をするのは疲れたり、

やる気を失うことにもなりますので、

無駄な面接を避けるためにも応募前の質問を活用しましょう。

あわせて読みたい
やりたい仕事がない・やりたい仕事が見つからないならやりたくない仕事をまず考えよう
やりたい仕事がない・やりたい仕事が見つからないならやりたくない仕事をまず考えようやりたい仕事がない、やりたい仕事が見つからない、、やりたい仕事がわからない、と仕事を探したり就活、転職をする際に思ってしまう時はないでしょうか。やりたい仕事が明確にある人の方が稀ですのでやりたい仕事がないと思うことは別におかしなことではありません。ですが、やりたい仕事がないと思っても生活のために仕事をしないといけないという方は多いでしょう。やりたい仕事がない方はまず絶対にやりたくない仕事を明確にして仕事を探しましょう。...

求人応募前の質問から応募をお願いされる場合もある

>求人に応募前に企業への質問をしたことで、

質問と回答のやり取りが発生し、

そのやり取りの中で、ぜひ応募を検討してください

ということや、面接日程の調整の打診までが、

質問をしたことでされた経験があります。

つまり、応募前に質問することに関しては、

自分が応募するかの判断にも使えますし、

起業が応募して欲しい人材かどうかの判断にも使われているわけで、

お互いに必要なやり取りの一部であるということです。

応募前に質問をすることが、

デメリットやマイナス評価になるのでは?

と懸念する人もいるでしょうが、

あまりにも非常識な質問や稚拙なやり取りをしない限り、

デメリットに繋がることは少ないでしょうし、

メリットとして考えられる部分の方が応募前の質問には多いと感じます。

あわせて読みたい
転職活動で心が折れそうになるとき・実際に転職活動で心が折れたとき10選!
転職活動で心が折れそうになるとき・実際に転職活動で心が折れたとき10選!転職活動が長く続いたり、うまくいかないと心が折れてしまいそうになるときがあります。転職活動を通じて心が折れそうになる出来事や実際に心が折れてしまうような出来事を紹介しています。転職活動がうまくいかないと想像以上に不安ですしストレスになり絶望してしまいます。転職活動で心が折れる原因となることとはどのようなことなのでしょうか。...

求人に応募する前の企業への質問で判断材料を増やす

求人に応募する前に企業に質問をする最大の意図は、

判断材料を増やすことにあります。

  • 応募すべきか否か
  • 自分が活躍できるかどうか
  • どのような人材を求めているか
  • どのような考え方で面接に臨むべきか

など応募するにしてもしないにしても、

そう判断するに至った材料を引き出すことができます。

質問をしないで躊躇して機を逃したり、

応募して面接に行ったら合わないと感じたりと、

応募する前に知っていればこうはならなかったのに!

ということをなるべく少なくして、

効率的に転職や仕事探しを進めていくためにも、

求人に応募する前に企業に質問することは大事になるのです。